CM好感度ランキング2016年上半期

CM好感度ランキング2016年上半期トップ画像

CMに関する調査会社「CM総研」が2016年上半期のCM好感度ランキングを発表しました。その結果は以下のとおりです。

調査対象:1698社、5358銘柄、10107作品 関東圏の男女モニター3000名

2016年上半期 CM好感度ランキング

順位前年広告主サービスCM作品
KDDIau三太郎シリーズ等
ソフトバンクソフトバンク白戸家シリーズ等
12NTTドコモドコモ得ダネを追え!
なしアマゾンジャパンamazon.co.jpプライム変身する犬
日本コカコーラジョージア「公園施設点検員」等
10ソフトバンクワイモバイル「ふてニャン」シリーズ等
181リクルートタウンワーク「ビデオレター」等
11キリンビール一番搾り「しあわせ一番町・日本地図」等
RIZAPライザップ「回る峯岸みなみ」等
10日清食品カップヌードル「STAY HOT・名探偵」等

auが絶好調。ここのところずっとトップに君臨しています。ソフトバンクの白い犬もそろそろ飽きがきそうなものですが、まだまだ2位と大人気。つづいて3位がドコモ。ドコモのCMはパッとしない印象のものが多いんですが、今期は評判がいいようです。また6位にはふてぶてしい猫のCMが好評のワイモバイルがランクイン。上位にキャリア4社がランクインと絶好調ですね。ドコモ、au、ソフトバンクはMVNOに契約者を奪われがちですが、CM効果で多少流出が抑えられているのかもしれません。

ついでに6月度のCM好感度ランキングも発表されていたので載せておきます。

調査対象:1088社、2687銘柄、4112篇 関東圏のモニター男女3000名

2016年6月度のCM好感度ランキング

※広告主/サービス/作品数 の順

  1. KDDI au 7作品
  2. NTTドコモ ドコモ 23作品
  3. アマゾンジャパン amazon.co.jpプライム 1作品
  4. ソフトバンク ソフトバンク 3作品
  5. ソフトバンク ワイモバイル 7作品
  6. トライグループ 家庭教師のトライ 2作品
  7. キリンビール 一番搾り 6作品
  8. 日清食品 カップヌードル 1作品
  9. サントリー食品インターナショナル オランジーナ 2作品
  10. 大塚製薬 ポカリスエット 3作品

auがトップは変わらず。auは一寸法師の評判があまり良くないっていう記事を見かけましたが、それほど影響なかったのかもしれません。

ほか、ドコモ、ワイモバイルの上昇に対してソフトバンクの下落が目立ちます。契約純増数でもドコモ(だったはず)に抜かれたみたいですし、CMの影響もありそうですね。その分ワイモバイルが絶好調なのでソフトバンク系列としてはプラスになってそうですが。

おとくケータイ.net

iPhone・スマホ乗り換えなら高額キャッシュバック狙いがおとく!

iPhone8でもキャッシュバックあり!
iPhone8のキャッシュバック額は?

iPhone7を安く買うならここ
iPhone7のキャッシュバック額は?

その他スマホ
金額チェックはこちら

格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

安心して使いたい人なら
格安SIM 満足度ランキング

一番人気
ワイモバイルがおすすめな4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.