2017第2四半期 世界のスマートフォン販売台数ランキング

世界市場でのスマートフォン販売台数を調査している「STRATEGY ANALYTICS」が、2017年第2四半期における機種別スマホ販売台数を発表しました。
(第1四半期データ⇒2017年第1四半期のメーカー別世界スマホ販売台数ランキング

このデータを元に、機種別販売台数とシェアをランキングで紹介していきます。

2017年第2四半期 スマホ販売台数&シェアランキング

前年同期の販売台数は明記されていませんが、増加率から算出しています。参照データは旧モデルのものと思われます。

順位機種/
メーカー
2017年
第2四半期
前年同期増加率
iPhone7
アップル(米国)
1690万台1614万台4.7%
iPhone7Plus
アップル(米国)
1510万台1449万台4.2%
Galaxy7
サムスン(韓国)
1020万台992万台2.8%
GalaxyS7+
サムスン(韓国)
900万台878万台2.5%
Redmi 4A
シャオミ(中国)
500万台493万台1.5%
その他3億370万台2億8735万台5.6%
合計3億6040万台3億4161万台5.5%

1位、2位はアップルの「iPhone7/7Plus」

「iPhone7」は、日本でも発売されてから一度だけ「P9 lite」にトップの座を奪われたのみで常に売上ランキング首位をキープしている人気端末です。次期モデル登場までこの人気が続くのは間違いないでしょう。

2位の7Plusも、世界的には通常モデルとほとんど変わらないくらいの販売台数となっています。日本では、週間スマートフォン売上げランキングを見る限りこれほど売れている印象はありません。世界ではサイズが大きく機能も上の7Plusが受け入れられているようです。

3位、4位はサムスンの「GalaxyS8/S8+」

※画像はS8のもの

第1四半期メーカー別ランキングでは、サムスンがアップルに3000万台ほど差をつけて圧倒的にシェア1位でしたが、端末別ではiPhoneに大きく差を付けられています。

2016年末に起きたNote7発火トラブルで今年度は大きくシェアを落としているため、第2四半期においても多少影響していると思われます。その後Note7の再販、Note8の発表など注目度も上がってきているので、再び過去の勢いを取り戻せるのか?に注目です。

5位はシャオミのRedmi 4A

販売戦略の失敗で中国市場での存在感が小さくなりシェア4位になっていたシャオミですが、端末別シェアでは低価格モデル「Redmi 4A」が5位にランクイン。

スマホ普及が急激に進んでいる、中国に次ぐ巨大市場インドを中心に、アジアや新興国市場で売れ行き好調です。これをきっかけに中国や世界市場でメーカー別シェア上位に再び返り咲くことができるのか?に注目です。

まとめ

2017年第2四半期の機種別スマホシェアランキングを紹介しました。

発売前は新鮮味がないなど評価がイマイチだったiPhone7/7Plusが絶好調ですね。サムスンの発火トラブルによる失速の影響はかなり大きいと思いますが、以前の勢いを取り戻したかに思えます。

このままアップルが全体シェアでもトップに立つのか、サムスンが勢いを取り戻すのか。また、ここで紹介しているトップ5には入りませんでしたが、日本を始め世界で好調のファーウェイも、第3・4四半期ではランクインしてくるかもしれませんね。

そして、ここに日本メーカーが入っていないのは寂しい限りです。arrowsシリーズが有名な富士通も携帯事業売却を発表していますし、今や残っているのは大手メーカーはソニー、京セラ、フリーテルくらいなもの。資金力、規模で遅れを取っているため上回るのは難しいと思いますが、存在感を発揮してもらいものです。

おとくケータイ.net

iPhone・スマホ乗り換えなら高額キャッシュバック狙いがおとく!

iPhone8でもキャッシュバックあり!
iPhone8のキャッシュバック額は?

iPhone7を安く買うならここ
iPhone7のキャッシュバック額は?

その他スマホ
金額チェックはこちら

格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

安心して使いたい人なら
格安SIM 満足度ランキング

一番人気
ワイモバイルがおすすめな4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.