DTI SIMが大容量プラン(10GB・15GB・20GB)を追加!料金を他社と比較してみました

DTI SIMが大容量プラン(10GB・15GB・20GB)を追加!料金を他社と比較してみましたトップ画像

2016年11月21日、格安SIM業者(MVNO)の「DTI SIM」が大容量プランを追加。サービス提供をスタートしました。追加されたプランは10GB、15GB、20GBの3つ。キャリア各社も大容量プランを始め、「楽天モバイル」「イオンモバイル」などすでに取り入れているMVNOもあります。後追いとなりますが、「DTI SIM」では業界最安値を謳っています。

そこで先行する各社と料金がどれくらい違うのか?大容量プランのある主要格安SIM業者やキャリアと比較してみました。

「DTI SIM」と他の主要MVNO、キャリア3社のデータ通信プラン料金を比較してみました

  10GB 15GB 20GB 30GB
DTI SIM 2100 3600 4850
楽天モバイル 2260 4050 5450
イオンモバイル 4480 6980
DMMモバイル 2190 3600 4980
FREETEL 3690 6090
docomo 6000 8000
au 6000 8000
ソフトバンク 6000 8000

※税別価格です
※ほとんどの格安SIM業者はSMS付きならこの料金+150円、通話プランなら+700円程度です
※キャリア3社はデータ通信のみの料金で通話料などは含んでいません

10GB・15GBプランは「DTI SIM」が最安値。業界最安値に嘘偽りはないようです。ただ20GBではイオンモバイルに次ぐ2位となっています。

格安SIMのプランには低速に制限ありの使い放題プランを用意しているMVNOもあるんですが、快適な動画視聴はまず不可能です。対して大容量プランならストレスなく動画視聴可能でしょう(時間帯によります)。

一番快適なのはキャリア契約に違いありませんが、かなり高いですからね。月のデータ通信量が15GB以下なら「DTI SIM」はおすすめな格安SIMと言えます。

ただ、「DTI SIM」にはネット使い放題プランもあり、そちらなら2200円で使い放題なんですよね(データ通信プランの場合)。100円追加するだけなのでそっちを選んだほうが確実におとくだと思います。

DTIの発表では今回追加したのは10GBで十分という要望があったから、とのこと。10GBプランなら100円安いのでまだいいんですが、15GB、20GBプランを契約するのはもったいないですね。。。一応データ繰越できるってメリットはあるにしても使い放題プランならそれも無意味ですし。ちょっとメリットが見つかりませんでした。

公式サイト:DTI SIM

まとめ:DTI SIMが大容量プラン(10GB・15GB・20GB)を追加!料金を他社と比較してみました

「DTI SIM」に新しく追加された大容量プランと他社料金を比較してみました。

料金は安いんですが、ネット使い放題プランのほうがおとく感大きいですね。11月30日まで半年間値引きキャンペーンもやってるので。

格安SIMランキング
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.