格安SIM「FREETEL」が「Priori4」「KIWAMI2」「RAIJIN」を発表。価格やスペック、評判まとめ

プラスワンマーケティングが運営するブランド「FREETEL(フリーテル)」が、SIMフリースマホの新機種を発表。今回発表されたのは「Priori4」「KIWAMI2」「RAIJIN」の3モデル。

そこで、それぞれの価格やスペック・評判情報をまとめました。

FREETELのエントリーモデル「Priori 4」

フリーテルpriori4

低価格スマホなのでスペック面での驚きは少ないんですが、バッテリー容量4000mAhは魅力的。FREETEL側も積極的にアピールしてます。おそらくこのスペックで(といってもRAM2GB、ストレージ16GBなど十分ですが)電池消費の激しいアプリは使わないんじゃないか

「Priori 4」の端末価格

14800円/税込15984円

「Priori 4」の発売日

2017年1月27日(金)

「Priori 4」のスペック

本体カラー 6色分のカバー付属
マットブラック/シルバー/ブルー/ピンク/グリーン/パープル
サイズ H144.8×W71.5×D9.5mm
重量 約167g
OS Android6.0 Marshmallow
(2017年春 Android 7.0にアップデート予定)
CPU MT6737 Cortex A53 Quad core
1.3GHz×4
メモリ 2GB RAM / 16GB ROM
外部メモリ MicroSDHC 32GB
MicroSDXC 128GB
ディスプレイ 5.0inch HD 720×1280 IPS
カメラ リア 800万画素
フロント 500万画素
バッテリー 4000mAh(取り外し不可)
SIMスロット micro×1/nano×1
(国内使用可能なのは1スロットのみ)
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n
2.4GHz/5GHz
対応周波数
2G(GSM)
850/900/1800/1900MHz
対応周波数
3G(WCDMA)
800/850/900/2100MHz
Band 1/5/6/8/19
対応周波数
4G(FDD LTE)
700/800/850/900/1800/2100MHz
Band 1/3/5/8/18/19/28B
対応周波数
4G(TDD LTE)
2500MHz
Band 41(WiMAX2+)
最大通信速度 3G 下り42.2Mbps / 上り11.5Mbps
4G 下り150Mbps / 上り50Mbps
Bluetooth Version4.0 BLE対応
テザリング Wi-Fi / Bluetooth / USB
GPS GPS搭載 (A-GPS対応)
その他機能 加速度センサー /近接センサー / 光センサー /
重力センサー / ジャイロセンサー / 磁気センサー /
e-compass

「Priori 4」の前評判

  • ZenFone 2 Laser程度の魅力しかない
  • ZenFone 3 LaserがPriori 4をフルボッコにしそう
  • カバー全色同梱なのw
  • Priori4安いなー

発表間もないこともあるんですが、ネット上に声は少なめ。「iPhone7」のときは1分もすれば新しいツイートが次々出てくるレベルだったので、まだまだFREETELの認知度や期待は少ないんだな、という印象です。

FREETELフラッグシップモデル「KIWAMI 2(極2)」(FTJ162B-KIWAMI2)

フリーテルkiwami2

本体カラーがシルバー1色だけなのは微妙ですが、フラッグシップモデルだけあってスペックは十分。最近流行りのデュアルSIMデュアルスタンバイにも対応しています。ただ同じ価格帯の他機種に比べて特別なアピールポイントはないのが残念な端末です。

「KIWAMI 2」の端末価格

49800円/税込53784円

11/21からすでに予約受付スタートしてます。

「KIWAMI 2」の発売日

2016年12月22日(木)

「KIWAMI 2」のスペック

本体カラー メタルシルバー
サイズ
高さ157.2×幅77.5×厚さ7.2mm
重量 約168g
OS Android 6.0 Marshmallow
(Android7.0 Nougatにアップデート予定)
ディスプレイ 5.7inch WQHD 1440×2560 Super AMOLED
Gorilla® Glass 3
CPU MT6797(Helio X20) 10Cores 64bit
メモリ
RAM 4GB / ROM 64GB
外部メモリ なし
カメラ
メイン 1600万画素
サブ 800万画素
バッテリー
3400mAh(取り外し不可)
連続通話時間 約1260分
連続待受時間 不明
SIMスロット nano×2
FOMA契約のSIMは利用不可
対応周波数2G
(GSM)
850/900/1800/1900MHz
対応周波数3G
(WCDMA)
800/850/900/2100MHz
Band 1/5/6/8/19
対応周波数4G
(FDD LTE)
700/800/850/900/1700/
1800/1900/2100MHz
Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B
最大通信速度 LTE 下り300Mbps / 上り50Mbps
3G 下り42Mbps / 上り11Mbps
Wi-Fi (IEEE802.11 a/ac/b/g/n)
2.4GHz/5GHz
Bluetooth
Version 4.1 HS対応
Power class 1
Profile HSP / A2DP / AVRCP / HFP /
HID / HDP / MAP / PAN / OPP / PBAP
NFC ×
テザリング Wi-Fi / Bluetooth / USB
センサー GPS搭載(A-GPS対応)
加速度センサー
近接センサー
その他機能 GLONASS / Beidou / 光センサー /
重力センサー / 気圧センサー / ジャイロセンサー /
磁気センサー / e-compass / 指紋認証
GooglePlay対応

「KIWAMI 2」の前評判

  • 大きくなったreiなんだけどw rei 2を名乗ったほうが良いのでは
  • ゴミ機種の予感。何でホームと戻るとマルチタスクを統合するのか

「Priori4」同様、こちらも関連ツイートは少なめ。FREETELコーナーを大きくとっている電気屋もあるので、手にとって魅力を感じるかどうか。

FREETELのミドルレンジスマホ「RAIJIN」

フリーテルraijin

5000mAhの大容量バッテリーが最大の特徴。スペックもCPU以外はフラッグシップ機「KIWAMI 2」と同レベルで一番コスパのいい端末ですね。一番人気間違い無しのモデルです。

「RAIJIN」の端末価格

29800円/税込32184円

「RAIJIN」の発売日

2016年1月27日

公式サイトでは12月発売予定とありますが、ニュースサイトでは1月27日と紹介されています。

「RAIJIN」のスペック

カラー シルバー/マットブラック/マットネイビー
サイズ H153×W76×D8.7mm
重量 183g
OS Android7.0 Nougat
CPU MT6750T Octa Core Cortex-A53
(4×1.5GHz+4×1.0GHz)
メモリ 4GB RAM / 64GB ROM
外部メモリ MicroSDHC(最大32GB)
MicroSDXC(最大128GB)
同時利用不可
ディスプレイ 5.5 Inch FHD 1080×1920
Gorilla® Glass 3
USB Type-C (USB2.0)
SIM スロット数:2
タイプ:micro / nano
カメラ リア 1600万画素
フロント 800万画素
バッテリー 5000mAh(取り外し不可)
Wi-Fi規格 Wi-Fi (802.11 a/b/g/n)
2.4GHz/5GHz
Bluetooth Version4.0 BLE対応
テザリング Wi-Fi / Bluetooth / USB
対応周波数2G(GSM) 850/900/1800/1900MHz
対応周波数3G(WCDMA) 800/850/900/2100MHz
Band 1/5/6/8/19
対応周波数4G(FDDLTE) 700/800/850/900/1700/
1800/1900/2100/2600MHz
Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B
GPS GPS搭載 (A-GPS、QZSS対応)
その他機能 GLONASS /加速度センサー /近接センサー /
光センサー / 重力センサー / ジャイロセンサー /
e-compass / 指紋認証

「RAIJIN」の前評判

  • コスパがすげー良さそう
  • 質感が絶望的に安っぽいな…
  • 使える安いDSDSスマホはこれで決まり
  • マットネイビー良さそうじゃん
  • 早くRAIJIN出ないかな
  • これだよ!こういうの待ってた!
  • あーFREETELのRAIJIN気になるー!
  • これでおさいふ付いてたらなあ

今回発表された3機種の中でコスパ最強なスマホだけに、期待の声はこれ1機種に集中しています。価格的にミドルレンジですけど、スペックは十分すぎるレベル。もうこれで決まりでいいんじゃ?と思える端末です。というかこれのせいでフラッグシップ機の「KIWAMI2」がイマイチに見えてしまうんですよね。。。FREETELさん失敗してない?

まとめ:格安SIM「FREETEL」が「Priori4」「KIWAMI2」「RAIJIN」を発表。価格やスペック、評判まとめ

FREETELの新機種3モデルについてまとめました。

この中なら「RAIJIN」一択で良さそうです。「Priori4」もまさに格安な格安スマホですけど、スペックみると「RAIJIN」がいいってなりますね。

格安SIMランキング
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.