ホンダ、リチウムに変わる次世代バッテリー「マグネシウムイオン電池」を実用化へ

現在使われている充電池は主に以下の4つ(総務省資料より)

蓄電池性能比較 総務省データ

このなかでスマホのバッテリーにはリチウムイオン電池が使われています。ほか新型プリウスでも一部採用されていたりする現在主流の充電池です。

リチウムイオン電池とは?

リチウムイオン二次電池(lithium-ion rechargeable battery)は、正極と負極の間をリチウムイオンが移動することで充電や放電を行う二次電池である。正極、負極、電解質それぞれの材料は用途やメーカーによって様々であるが、代表的な構成は、正極にリチウム遷移金属複合酸化物、負極に炭素材料、電解質に有機溶媒などの非水電解質を用いる(ウィキペディア参照)

さっぱりわかりません。。。が、こういうものなんだなってことでスルーしてください。

これに対し、ホンダと埼玉県産業技術総合センターが次世代の充電池と期待される「マグネシウムイオン電池」の実用化に向けた第一歩を踏み出し、2018年にはスマホ用など小型端末向けに実用化を目指している、と日本経済新聞が報じました。

現在リチウムイオン電池の寿命や安全性と同程度に性能を実現できているようです。

マグネシウムのいいところ(経済産業省資料から)

マグネシウムの特徴

そしてマグネシウムイオン電池にはリチウムにない大きなメリットも。

マグネシウムイオン電池のいいところ

  • リチウムイオン電池よりコストがかなり安い(25分の1程度)
  • サイズを小型化しやすい(半分程度になるらしい)
  • エネルギー密度が約6倍

など。

海水にも含まれているマグネシウムは地球上で8番目に多い元素でコストがかなり安いようです。リチウムみたいなレアメタルじゃないので、海外からの輸入に頼らなくてもできそうですね。レアメタルは価格高騰してますし、マグネシウムイオン電池を実用化してくれたら日本にとってかなりメリットありそうです。

また、サイズ半分でエネルギー密度6倍なら同じサイズで12倍ってことに?今のスマホバッテリー容量ってだいたい2000~3000mAhくらいなので、12倍になったらポケモンGOやり放題ですね。予備用モバイルバッテリーメーカーは大ダメージ受けそう。

そのうちアップルウォッチなど小型端末に搭載されれたらスマホに変わる市場がでてくるかもしれません。

また電気自動車も一回の充電で今より長距離走れるようになりますし、原油輸入量も減らせそう。ガソリン車なくなったらガソリンスタンドは大変ですね。

いずれにしてもひさしぶりに楽しみな新技術です。2018年といわず、2017年実用化&「iPhone8」に搭載くらいのビックリニュースに期待!

おとくケータイ.net

iPhone・スマホ乗り換えなら高額キャッシュバック狙いがおとく!

iPhone8でもキャッシュバックあり!
iPhone8のキャッシュバック額は?

iPhone7を安く買うならここ
iPhone7のキャッシュバック額は?

その他スマホ
金額チェックはこちら

格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

安心して使いたい人なら
格安SIM 満足度ランキング

一番人気
ワイモバイルがおすすめな4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.