iPhone故障率 一番壊れやすいiPhoneはどれ?原因は?

iPhone故障率 一番壊れやすいiPhoneはどれ?原因は?トップ画像

たまに不具合が起こることもあるスマホ。今はiOS搭載のiPhoneと、Androidスマホが主流です。この2つのOSを搭載したスマホ故障率についてアメリカの調査会社「Blancco」が、統計データを発表しました。
※故障とは自責によるもの(水没や落下などによる破損)でなく、画面が動かなくなる・反応しない、無線LOANに接続できない、といった不具合を意味します。

結果は以下のとおりです。

iPhone、Androidスマホの故障率比較

iPhone(iOS)Android
2016年第1四半期25%44%
2016年第2四半期58%33%

iPhone故障率が25%→58%と倍以上になってます。4~6月に特別故障率があがるようなイベントもなさそうですし、単純に端末の不具合が多かったんでしょう。といってもAndroidスマホは44%→33%と故障率がかなり下がってますし、iPhoneの劣化が目立ちます。

iPhone故障率58%の内、歴代モデルの割合は以下のとおりです。

  • 29% iPhone 6
  • 23% iPhone 6s
  • 14% iPhone 6s Plus
  • 8%  iPhone 5s
  • 26% その他

歴代iPhoneの中で「iPhone 6」が一番故障率が高いようです。過去モデルの中で一番販売台数が多いモデルで、発売以降2年未満のため現在使われてるiPhoneの中では一番稼働率が高いはず(関連記事:iPhone歴代モデル販売台数)。そのため故障率も上がっていると考えられますが、それにしても過去モデルよりひどい数字です。「iPhone 5s」もまだまだ現役で使われてるのに8%ですからね。販売台数が増え、急激に工場を増やしたのも原因?それか、アップル不調による減産で中国の工場で働いてる人の不安が広がったことがiPhoneの完成度に影響してるんじゃないの?と邪推してしまいます。

ただ「Blancco」社によると原因はiOSのようです。4月、5月にあったアップデートから故障率の上昇がみられた、とのこと。この時期から無線LAN接続不良やバッテリー不具合などが発生しだしたようです。

iPhone故障率 一番壊れやすいiPhoneはどれ?原因は? まとめ

調査会社発表によるiPhone故障率について紹介しました。

日本ではスマホシェア半数を誇るiPhone。ですが徐々にシェアも低下していってます。ニューモデル「iPhone7」も注目度はイマイチのようですし、ここで故障率が上昇しているようではさらなるイメージダウンは避けられません。次のバージョンアップでは改善されることに期待!

おとくケータイ.net
格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

格安スマホ難しいって人はここから⇒格安SIM 満足度ランキング
格安スマホ一番人気⇒ワイモバイルがおすすめな4つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.