iPhoneSE+格安SIM運用とキャリア購入の料金比較

iPhoneSE+格安SIM運用とキャリア購入の料金比較トップ画像

日本のスマホ利用者のうち約半分はiPhoneユーザーです。そういった既存ユーザーやこれからiPhoneデビューする人の中で、格安SIMに乗り換えて通信料節約したい人、考える人も増えていくでしょう。

そこで出たばかりのiPhoneSEを例に、格安SIMで使う時、キャリアで買ったときの料金を比較してみました。

人気格安SIM+iPhoneSE 64GBとキャリア2年契約の総支払額を比較(2016年5月時点の税別価格で計算)

まずは単純な支払い総額の比較結果を見てみましょう。キャリアは割引率の高い2年契約乗り換え時の総支払額と、格安SIM+SIMフリーiPhoneSEを2年間使った時の総額を比較しています。格安SIMはオリコン満足度ランキング上位から「IIJmio」「OCNモバイルONE」「mineo」をピックアップ(⇒オリコンランキングより)。

プラン 端末代
(キャリアは
実質支払額)
月額
(キャリアは
端末代含む)
2年総額
ドコモ
カケホーダイ+5GB
(30600円) 8397円 201528円
au
カケホ+5GB
(16200円) 8000円 192000円
ソフトバンク
通話し放題+5GB
(16200円) 7263円 174312円
IIJmio
通話SIM 5GB
59800円 2220円 113080円
OCNモバイルONE
通話SIM 5GB
59800円 2150円 111400円
mineo
通話SIM 5GB
59800円 2280円 114520円

比較を公平にするため、全部データ通信5GBプランで統一。また余分なオプションを一切付けていません。

iPhoneSE+格安SIMだとキャリアによっては半額以下になります。キャリア提供の光回線を使ってる、などで割引が適用されても全然届かない額です。最近なくなった実質0円があったとしてもまだ高い。キャッシュバック3~5万貰えればやっと格安SIMと同じ水準になるレベルです。

ただ「格安」なSIMなので、キャリアのような手厚いサービスがない分安くすることができています。といっても繋がるエリアはほぼ同じですし、混雑時はキャリアでも繋がりにくくなるもの。上の比較でピックアップした満足度の高い格安SIM業者ならサービスレベルも高いため問題無いでしょう。
オリコン満足度ランキング

ほか、キャリアを長期契約してて途切れさせたくない人なら、「安い中古ガラケー+最安値プラン」でキャリア契約を継続しつつ「iPhoneSE+格安SIM」の2台持ちの方が安くできてお得です。

格安SIMランキング
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.