今使ってる格安SIMを選んだ理由は?

最近身の回りで「楽天モバイル」や「mineo」「IIJmio」などの格安SIMを使ってる人が増えてきました。私もスマホ料金節約のため「mineo」と「Fiimo」を使ってますが、ほぼ問題なく使えています。お昼休みの時間帯は厳しいんですけどね。。。

ここ最近、総務省の後押しやMVNOの積極的な展開もあって急激に普及している格安SIMについて、調査会社MMD研究所が調査結果を発表しました(2016年データ)。

そこで、そのデータを元に「利用中の格安SIMを契約した理由」についてランキング形式でまとめてみました。

格安とつくだけにトップはやっぱり料金の安さ?結果は以下のとおりです。

何が気に入って今使ってる格安SIMを選んだの?ランキング

  1. 81.0% 月額料金が安いと思ったから
  2. 31.4% 使わなかったデータを繰り越せるから
  3. 25.6% 通信速度が速く感じた
  4. 23.4% 大手がやってて安心できる
  5. 16.2% 料金プランが豊富
  6. 11.9% 同じ会社の他のサービスを使ってるから
  7. 10.9% インターネットの口コミで評判が良かったから
  8. 10.8% スマホとのセット販売があったから
  9. 10.3% 家族でデータ使用量をシェアできるから
  10. 9.5% ポイントが貯まるから

やはり安さがトップという結果に。8割以上と圧倒的ですね。名前からして格安なので当然それを期待して契約しているようです。

2位はデータが繰り越せるから。1位とは差が開いてますが、3割はこれを重要視しているようです。自宅にWi-Fi環境がない人だと繰り越せるかどうかは死活問題と言えそうです。ただ最近はサービス内容が横並びになってきて、大手では繰越制度を取り入れてるところがほとんど。選ぶ理由としては1位の安さや5位の料金プラン、4位や6位、7位のブランドへの信頼性で選ぶことになりそうです。

速度関連が3位に入るのは意外でした。格安SIMがドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリア回線に勝てることってまずないんですが、速いと感じた人もかなりいるんですね。使っていたキャリア回線がたまたま繋がりにくかったのかもしれません。

ただ、利用者の約6割は遅いとも感じているようです。とくに動画を観るとき、サイト閲覧するとき、アプリをダウンロードするときなどにストレスを感じていると回答しています。

速度への不満については以下のようなアンケート結果になっていました。

格安SIMが遅い!と感じる時間帯

朝・・・・43.7%
昼・・・・56.4%
夕方・・・55.0%
夜・・・・52.4%

全体的に遅いと感じているようです。朝以外は半数以上がストレスを感じているみたいですね。

続いて、格安SIM別の選んだ理由ランキングについて。

主要MVNO別、今の格安SIMを選んだ理由ランキング

人気のある格安SIM業者8社を取り上げています。

楽天モバイル
  1. 80.5% 料金の安さ
  2. 28.3% ポイントがたまる
  3. 24.9% 速度が速い
  4. 24.9% データ繰越
  5. 18.5% スマホセットがある
OCNモバイルONE
  1. 77.8% 料金の安さ
  2. 36.2% ブランド
  3. 26.6% 速度が速い
  4. 26.1% データ繰越
  5. 18.8% プランが豊富
IIJmio
  1. 81.0% 料金が安い
  2. 33.7% データ繰越
  3. 33.2% 速度が速い
  4. 30.2% ブランド
  5. 19.0% ネットで評判がいい
mineo
  1. 82.1% 料金が安い
  2. 42.8% データ繰越
  3. 28.4% 複数回線が選べる
  4. 24.4% 速度が速い
  5. 13.4% ブランド
BIGLOBE SIM
  1. 77.9% 料金が安い
  2. 27.2% ブランド
  3. 21.2% データ繰越
  4. 21.2% 別サービスを使ってるから
  5. 19.4% 速度が速い
イオンモバイル
  1. 83.9% 料金が安い
  2. 37.8% データ繰越
  3. 31.6% プランが豊富
  4. 30.1% 速度が速い
  5. 28.0% ブランド
DMMモバイル
  1. 89.2% 料金が安い
  2. 27.4% データ繰越
  3. 18.9% 速度が速い
  4. 18.9% プランが豊富
  5. 13.2% ポイントが貯まる
BIC SIM
  1. 75.8% 料金が安い
  2. 39.4% データ繰越
  3. 28.3% 速度が速い
  4. 24.7% ブランド
  5. 22.2% 店頭で契約できる

他社と違う特徴になっている項目は赤字にしてみました。楽天はスーパーポイントが支払いにもできるのは大きな動機となってますね。DMMモバイルもメジャーではありませんが、自社サービスで使えるポイントサービスが選ぶ理由上位にランクインしています。

OCNモバイルONE、イオンモバイル、DMMモバイルは細かく用意されたプランが魅力。

mineoは、au、ドコモと複数回線から選べるのが強みです。2016年秋頃、IIJmioもauに対応しましたが、初期からやってるmineoの方が認知度は圧倒的に高いですね。

他社MVNOに格安SIM事業の仕組みを提供している大手IIJmioはネットでの評判の良さが選ばれています。オリコンなどのランキングでも上位ですし、口コミの良さで選ぶならここがいいですね。

BIGLOBE SIMは光回線やWiMAXなど他のサービスを利用していて、そのサービスに満足しているから格安SIMもここで、となっているようです。

他社でもできるところがありますが、ビックカメラで契約できるBIC SIMは店頭契約できることが大きな強みになってます。他のMVNOはまだ店舗認知度が低いんでしょうね。

まとめ:今使ってる格安SIMを選んだ理由は?

MMD研究所発表データから、格安SIMを選んだ理由についてまとめました。

スマホやケータイ代が安くなるっていう理由は当然として、それ以外にもみなさんいろいろわかった上で選んでるように感じました。2016年の急激な普及で、世間への認知度が上がったと言えそうです。

おとくケータイ.net

iPhone・スマホ乗り換えなら高額キャッシュバック狙いがおとく!

金額チェックはこちら
おとくケータイ.net

iPhone7を安く買うならここ
iPhone7のキャッシュバック額は?

格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

安心して使いたい人なら
格安SIM 満足度ランキング

一番人気
ワイモバイルがおすすめな4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.