格安SIMはなぜ安い?安い理由を解説!

格安SIMはなぜ安い?安い理由を解説!トップ画像

かなり利用者が増えてきた格安SIM。ですが使ってる人は全体の1割程度とまだこれからのサービスです。安くなるとは聞いてるけど、原理がよくわからないって人も多いはず。そこで格安SIMはなぜ安いのか?その理由をまとめました。

そもそもSIMってどんなもの?

端末にはSIMカードが入っています。これは「どの回線につなげるのか?」が記憶されているICチップとなっています。

3大キャリア、ドコモ・au・ソフトバンクが提供している端末にはキャリアのSIMカードが入っています。で、ドコモならドコモ回線につなげてくれます。

格安SIMはなぜ安い?

「格安」なSIMというだけあって、サービスが悪いイメージを持っている人もいるんじゃないでしょうか。実店舗もキャリアほどないので実態が見えにくく、悪質業者なんじゃないの?と不安に感じるかもしれません。

まず最初に、格安SIMは悪いことをして通信料を安くしてるわけじゃありません。キャリアのサービス内容との違いによって値段を抑えています。サービスの差については以下のとおり。

格安SIM キャリア
通信速度 キャリアの回線を10Mbpsあたりいくら?で契約し借りているため、格安SIM業者によって速度が変わってくる。また一定容量以上使うと速度制限がかかるプランがほとんど 混雑時は低速になりますが、基本的に格安SIMより高速。自社の通信環境をフルに使えるため安定性もあり。
対応エリア キャリアの回線を借りる形なのでほぼ同じエリアでつながります。 どのキャリアも僻地以外のエリアなら繋がるでしょう。
サポート体制 端末とSIMカードが別なのでサポートは充実していません。端末セット販売している格安SIM業者ならオプションで補償サービスが付けられるところもあり。 オプションにもよりますが、故障・盗難・紛失などへの対応が充実。代替え機のサポートも手厚い。
独自サービス 独自メルアドがあるところは少なめ。ただ料金が安くなるサービスは増加傾向にあり。 キャリアメール、ポイント利用などキャリアならではのサービスあり。長期利用者割引などもあり。

以前は通話メインの人だとキャリアが良かったんですが、今年に入って「楽天モバイル」が始めた「5分かけ放題」オプション登場から後に続く格安SIM業者も増え、長電話する人でなければ問題なくなりました。キャリアメール必須な人は使えなくなるので無理ですが、それ以外はキャリアとの差は少なくなってきています。

格安SIMランキング
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.