格安SIM利用者数はどれくらい?

ネットにてデータを探してみましたが、明確な格安SIM利用者数は見つからず。ただ使えそうなデータとして「総務省の通信端末契約数」と「格安SIM利用者の割合データ」を見つけたのでそれを元に計算してみました。(2015年末での参考データとして)

日本での端末契約数と格安SIM利用者数の割合で計算

モバイル分野のデータ調査をしているMMD研究所調べによると、15歳~69歳の男女35061人にアンケートとった結果

格安SIM利用者は11.5%

だったようです。対象が3万越えていればある程度信頼性は高いはず。

また、総務省の発表では2015年末の端末契約数が1億5514万回線なので、赤ちゃん~小学生などまだ携帯持ってない人、2台持ちの人を考慮するとたいだい利用人数は半分くらいじゃないかと予想(このあたりハッキリした人数出してるところは見つからず)。というわけで

携帯端末利用者数 1億5514万÷2=7757万人

格安SIM利用者数 7757万×11.5%=8920550人

900万人くらいが格安SIMを利用してるってことで大きな差はないかと思われます。

MVNOシェアから見る格安SIM利用者数

念のため別角度からも。

格安SIM利用者数 MVNOシェア

これもMMD研究所調べの格安SIMサービス展開してるMVNOのシェアなんですが、ここで3位の「IIJmio(シェア11.3%)」がちょっと前に100万回線突破したらしいので、100%換算すると100万回線÷11.3%=884万9557回線ってことに。一人で格安SIM複数枚持ってる人もいるでしょうけどここでは考慮しないこととします。

2016年4月期の格安SIM利用者数は?

で、結論は、

格安SIM利用者数は800万後半~900万人くらい!

ということで。面倒なので大体1000万人くらい!って覚えておけば大きな間違いはないかと。「もっと正確な数字が知りたいんじゃボケー!」って方は許してね。

その他データもついでに掲載しておきます

メインで利用している格安SIM
  1. OCNモバイルONE
  2. 楽天モバイル
  3. IIJmio
格安SIM利用者の契約プランの割合
  • 音声プラン 46.7%
  • データプラン 53.3%
格安SIM利用者の端末種類
  1. Androidスマホ 52.7%
  2. iPhone 23.2%
  3. タブレット 13.4%
  4. モバイルルーター 9.4%
  5. その他 1.3%
おとくケータイ.net

7/28までの特別限定キャンペーン実施中!

iPhone・スマホ乗り換えなら高額キャッシュバック狙いがおとく!

金額チェックはこちらから
おとくケータイ.net

iPhone7を安く買うならここ
iPhone7のキャッシュバック額は?

格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

安心して使いたい人なら
格安SIM 満足度ランキング

一番人気
ワイモバイルがおすすめな4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.