格安SIMと格安スマホを海外で使う方法

格安SIMと格安スマホを海外で使う方法

個人的にこの先海外行く事ってほとんどないはず。ですが、日本のモバイル市場はガラパゴスだって言われてますし、そのまんま持ってっても使える気がしない。この先国を追われるなんてこともあるかもしれないので、まだ知らない方ももしものために知っておいて損はしません。そんなわけで調べてみました。

海外でスマホを使う方法

海外にも対応してるSIMカードをSIMフリースマホに挿入する

これなら海外のスマホショップに行かなくてもいいですね。海外恐怖症な私としてはこっち押しです。なんかニコニコ顔のおっさんにカモられそうな気がするんですよねー。ホント海外最悪だな(※個人の感想です)。

で、海外対応してることを「国際ローミング」というらしい。

国際ローミングとは?

現地の通信環境に対応している通信サービスのこと。一般的には携帯の国際ローミングサービスを指す。

国際ローミングに対応してる日本国内のSIMには主に以下のものがあります。

  • 「OCN モバイル ONE」(docomo)
  • 「楽天モバイル」(docomo)
  • 「b-mobile」(docomo)
  • 「IIJmio(みおふぉん)」(docomo)
  • 「U-mobile」(docomo)
  • 「DMM mobile」(docomo)
  • 「BIGLOBE」(docomo)
  • 「FREETEL」(docomo)
  • 「mineo(マイネオ)」(au・docomo)
  • 「Fiimo(フィーモ)」(au・docomo)
  • 「UQモバイル」(au)

(※プランによって対応してないこともあります)

これらのSIMを使えば通話ができるってわけですね。

ただし!データ通信はダメらしい。一部SMSくらいはできるみたいですがネット使えんとか無意味なんじゃ?現地で天気予報チェックしたりナビ使えないんじゃねぇ・・・。せいぜい現地でWi-Fiが充実してるのを祈るのみとなります。

現地のプリペイド式SIMカードを買ってSIMフリースマホへ挿入

観光客向けにプリペイド式SIMカードを扱っている国が増えてるそうな。現地ものなので当然データ通信もオッケー!これなら道に迷っても目的地にたどり着けるってものです。あー、これはこっち買うしかなさそうですね。

ただ不安なのは料金。当然現地の料金システムになるので1GBデータ通信したらどれくらいコストかかるのかわかりません。日本だと「U-mobile JPSIM Max7days day/200MB データ通信専用プリペイドSIMカード」が2000円くらいで売ってます。1週間で700MBなら十分でしょう。ほかにも2GBで30日OKなのが3000円くらいでありました。

でも海外の料金はほとんど日本国内より高いみたいです。そこだけ注意したほうがいいですね。

格安SIMランキング
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.