格安SIMのシェアランキング 2016年9月(MMD研究所調べ)

格安SIMのシェアランキング 2016年9月(MMD研究所調べ)トップ画像

調査会社「MMD研究所」が、2016年9月に調査した「格安SIM利用動向調査」の結果を発表しました。(調査対象:格安SIMを利用している15~69歳の男女5171人)

結果は以下のとおりです。

格安SIMのシェアランキング 2016年9月版

  1. 20.7% 楽天モバイル
  2. 13.5% OCNモバイルONE
  3. 9.2% IIJmio
  4. 8.9% mineo
  5. 8.3% その他
  6. 6.5% BIGLOBE SIM
  7. 5.2% イオンモバイル
  8. 4.8% FREETEL SIM
  9. 4.7% DMMモバイル
  10. 3.9% BIC SIM
  11. 3.5% UQモバイル(au回線)
  12. 3.3% So-net 0 SIM(nuro mobileに名称変更)
  13. 2.6% NifMo
  14. 1.9% U-mobile
  15. 1.6% b-mobile
  16. 1.5% TONE

※「メインで使っている格安SIM」という質問に対する回答なので2回線以上利用している人は1回線分のみとなっています

トップは2016年に入ってから次々にキャンペーンを繰り出し、急激にシェアを伸ばしてきた「楽天モバイル」。2016年入ってすぐのシェアでは2位だったんですが、この調査結果では2位に圧倒的差をつけて1位になっています。

ちなみにこのランキングは全体のもの。au回線を利用した格安SIMだけをピックアップすると以下の通りとなります。

au回線の格安SIMシェアランキング

  1. 9.2% IIJmio
  2. 8.9% mineo
  3. 3.5% UQモバイル

IIJmio」は2016年10月からau回線プランをスタート。まだ始まったばかりなので評判は?マークがつきます。よって選ぶなら「mineo」でしょう。

ワイモバイル、ソフトバンク回線は?

ワイモバイル回線、ソフトバンク回線の格安SIMはいくつかありますが、ランキングには見られず。

ワイモバイルに関しては本家ワイモバイルがSIMを提供していて絶好調&docomo、au、ソフトバンクの3大キャリアほど規模が大きくないからか、わざわざ回線をレンタルしてサービス提供する業者さんは少ないですね。

ソフトバンク回線の格安SIMは今年ようやく一般向けに登場しました(関連記事:飛騨高山ケーブルネットワーク「Hitスマホ」登場)。ただ内容はイマイチ。docomoやauは、それぞれのキャリアで契約したスマホならSIMロック解除しなくても使えるんですが、ここはソフトバンク端末でもSIMロック解除必須です。

格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

格安スマホ難しいって人はここから⇒格安SIM 満足度ランキング
格安スマホ一番人気⇒ワイモバイルがおすすめな4つの理由
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.