格安SIM会社で一番安いところは?

格安SIMって呼ばれるくらいなのでどのMVNOもキャリアよりかなり格安になってます。私も今年サービススタートしたばかりの「Fiimo(フィーモ)」を契約しましたが、こういったMVNOがどんどん増えてますね。イオンみたいなスーパーも参入してるし今後も増えていきそうです。となると格安SIMの中でも料金に差が出てきます。

そこで単純に料金はどこが一番安いのか?を調べてみました。

今のところ一番安い格安SIMサービス

So-net 0 SIM 0円~1600円

500MB未満までの利用なら0円という衝撃価格。通信品質も大手だけあってそれなりにいいようです。500MB超えてから使用料に応じて最大5GB、1600円まで変わります。無料に勝てるものはないですねー。

2番めに安い格安SIMサービス

Freetel データ専用100MBまで 299円

データ通信のみで100MBまでとかなり少ないんですが、月額299円はこれぞ「格安」SIMと言えるんじゃないでしょうか。最近かけ放題対応プランも399円からと低料金が目を引きます。

3番めに安い格安SIMサービス

 DMMモバイルのデータ通信ライトプラン 440円

dmmmobile⇒DMMmobile公式 データSIMプラン ライト

最大通信速度200Kbpsっていう制限ありますが、通信量制限はないのでアリかと。3日で366MB超えると速度制限の可能性ありらしいけど、200Kbpsより遅いってどんな速度だろう?ま、ゲームやったり動画見たりしないならイケそう。かなりライトな使い方しかしない人向けです。天気見たりたまにネット接続する程度のユーザーさんならいいかも。ちなみに通話ありの最安値は1140円になります。詳細価格は下記参照のこと。

DMMモバイルの価格(2016年3月時点)

4月1日から価格変更あり()内のものとなります。

プラン容量価格
データ通信のみライト440円
1GB590円(480円)
2GB770円
3GB850円
5GB1210円
7GB1860円
8GB2140円(1980円)
10GB2190円
15GB4570円(3600円)
20GB6090円(4980円)
通話もOKライト1140円
1GB1260円
2GB1470円(1380円)
3GB1500円
5GB1970円(1910円)
7GB2560円
8GB2840円(2680円)
10GB2950円(2890円)
15GB5270円(4300円)
20GB6790円(5980円)

容量の種類が他社に比べてめっちゃ豊富です。ほとんどの格安SIMだしてるとこは3GBからってのが多いんですが、その価格はだいたい900円程度。それと比べても十分安いです。ただ容量増えてくると他社のほうが安かったりします。イオンの格安SIMを例に挙げると1GBが480円、8GBが1980円、20GBが4980円となってました(データ通信のみ)。どのMVNO使うかは自分の使用状況によって選ぶしかないですね。

DMMモバイルのライトプランはあくまで業界最安値を謳うため特別に用意したプランってだけっぽい。一応広告費を極力かけずに料金還元してるみたいですが、容量大きいものも安くしてくれたらいいんですけどね~。今後も業界の格安SIM価格をさらに下げるべく頑張ってもらいたいと思います。

格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

格安スマホ難しいって人はここから⇒格安SIM 満足度ランキング
格安スマホ一番人気⇒ワイモバイルがおすすめな4つの理由
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.