国内スマホ・携帯電話出荷台数 2016年第2四半期(4~6月)

調査会社「IDC」が2016年第2四半期における日本国内の携帯端末出荷台数を発表。トータル705万台、スマホのみは619万台となっています。スマホ出荷台数シェアではアップルが約半数を占める結果に。続いて国内メーカーが続いています。その他発表データ詳細は以下のとおりです。

2016年第2四半期(4~6月)国内における携帯電話全体の出荷台数

国内スマホ出荷台数 2016年第2四半期(4~6月)

  1. 43.4% アップル(約306万台)
  2. 13.9% ソニー(約98万台)
  3. 12.5% その他(約88万台)
  4. 12.3% シャープ(約87万台)
  5. 9.4% 京セラ(約66万台)
  6. 8.5% 富士通(約60万台)

スマホ、ケータイの出荷台数&シェアです。スマホは619万台、ガラケー・PHSは86万台で全体では前年同期比マイナス2.5%となりました。ガラケーのないアップルですが、iPhoneだけで43.4%のシェアに。世界的には人気に陰りが見える中、日本でのiPhone人気の高さが伺えます。

つづいて国内メーカー4社でアップルと同程度の出荷台数となっています。7~8月もiPhone6sが売上ランキング上位を占めてますし、9月には「iPhone7」が発売予定。さらにシェアを伸ばすかもしれませんね。

2016年第2四半期(4~6月)国内におけるスマホ出荷台数

国内携帯電話出荷台数 2016年第2四半期(4~6月)

  1. 49.4% アップル(約306万台)
  2. 15.8% ソニー(約98万台)
  3. 11.3% シャープ(約70万台)
  4. 8.7% 京セラ(約54万台)
  5. 8.2% その他(約51万台)
  6. 6.5% 富士通(約40万台)

スマホのみの国内出荷台数は619万台で前年同期比プラス1.8%。iPhoneはプラス28.8%増と大幅な伸びとなり、アップルが国内シェアの約半数を占めました。

3月末に新機種「iPhone SE」が発売されたことも影響してますが、セールス的には調査期間中の売上ランキングで常にトップをキープしつづけた「iPhone 6s」のほうが大きいです。「iPhone SE」は4月、5月の在庫切れ期間がなけばもう少しシェアを伸ばしていたでしょう。

「iPhone」につづいて国内スマホシェア2位の「Xperia」シリーズ擁するソニーが出荷台数でも2位に。3位は「AQUOS」シリーズが人気のシャープとなっています。

最近は中国や台湾メーカーのSIMフリースマホが売上ランキング上位にランクインしています。まだまだ全体から見ると少ない数ですが、低価格で魅力的な端末がたくさん登場していますし、9月には期待値の高い「ZenFone3」シリーズも登場予定。日本メーカーもうかうかしてられない状況です。

国内スマホ・携帯電話出荷台数 2016年第2四半期(4~6月) まとめ

日本国内における2016年第2四半期の携帯電話出荷台数について紹介しました。

まだまだiPhoneの強さが目立ちますね。第3四半期では「Xperia」シリーズのニューモデル「Xperia X Performance」も登場しますが、セールス的には「iPhone 6s」に遠く及びません。その他目立って売れているスマホもありませんし、次の調査データ発表ではアップルのスマホシェアが5割を超えてくるかもしれません。

おとくケータイ.net
格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

格安スマホ難しいって人はここから⇒格安SIM 満足度ランキング
格安スマホ一番人気⇒ワイモバイルがおすすめな4つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.