「Seem(シーム)」でスマホアプリを使って精子チェック!病院の検査が苦手な男性に

「Seem(シーム)」でスマホアプリを使って精子チェック!病院の検査が苦手な男性にトップ画像

2016年11月21日に株式会社リクルートライフスタイルから、専用キットとスマホアプリによって自宅にいながら男性の精子チェックが可能なキット「Seem(シーム)」が発売されました。Amazonとビックカメラの一部店舗にて販売中です。

「Seem(シーム)」発売の背景

近年は晩婚化などで少子化が進み、日本ではとうとう人口が減少に転じたそうです。国の予測では近いうちに人口は半減するとも言われています。そして今は高齢になってからの出産例も増えてきました。また世界最高齢出産の記録としてギネスブックにアメリカオレゴン州の57歳女性が出産した例が載っているそうです。

ただ出産適齢期はやはりあるわけで、適齢期を超えるとどうしても不妊トラブルが発生しがち。そして女性側は検査などするんですが、男性側は積極的に原因調査をしない傾向があるらしい。でも原因の半数は男性側にあるという調査結果もでています(WHO/世界保健機構調べ)。

そこでリクルートライフスタイル社が病院に行かずとも自宅で手軽に精子の運動量や濃度チェック可能なキットを開発したんですね。男性からすれば羞恥心や仕事との兼ね合いで、病院行って精子チェックするのってかなりハードル高く感じるかもしれませんが、これなら医者など他人に見られることもありませんし、恥ずかしい思いをしなくて済みます。また時間も自由です。

「Seem(シーム)」の専用キットや専用アプリについて

seemキット&アプリ

「Seem(シーム)」を使って精子チェックする流れ

  1. 専用キットを購入
  2. 専用のiPhoneアプリ「Seem(シーム)」をインストール
  3. 採取用カップに精液を全て入れ、15分~30分待って液化させる
  4. カップをゆっくり回してよく混ぜる
  5. 採取棒でスマホ顕微鏡レンズの上に精液を1滴のせる
  6. レンズをiPhoneのフロントカメラにセット
  7. 専用アプリ「Seem」で動画撮影する
  8. 自動で解析されて精子濃度と運動率が表示される

「Seem(シーム)」の価格

価格:6980円(税別)

対応端末:iPhone 5/5s/6/6Plus/6s/6sPlus/SE/7/7Plus
対応OS:iOS8.0~
付属品:採取用カップ/採取棒/測定チケット/スマホ顕微鏡レンズ

普通に病院で検査すると5000~3万円くらいするようです。保険が適用されれば1000円程度で済むみたいですが、それも検査内容によって適用されないパターンも。もちろんこのキットだけで100%正しい判定はできないのでより詳細に知りたいなら病院での検査は必須ですが、現状を知るには最適なツールですね。

スマホでできる、精子セルフチェック 『Seem』 【iPhoneアプリ用キット】 (※iPhone専用)
リクルートホールディングス
売り上げランキング: 1307位

まとめ:「Seem(シーム)」でスマホアプリを使って精子チェック!病院の検査が苦手な男性に

気軽に精子チェック可能なキット「Seem」について紹介しました。

子供が欲しいけどなかなかできないと悩む夫婦はもちろんですが、そうでなくても男性側はぜひ利用して欲しいキットですね。価格はそれなりですが、お手軽さを考えれば十分価値のあるものだと思います。

格安SIMランキング
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.