世界のスマホ販売台数 2016年7~9月度(第3四半期)

世界のスマホ販売台数 2016年7~9月度(第3四半期) トップ画像

調査会社「Gfk」が四半期ごとに調査している世界のスマホ販売台数。2016年第3四半期(7月~9月)分が発表されたのでまとめました。

前期データ:2016年4~6月度 世界スマホ販売台数

2016年7~9月度 世界のスマホ販売台数

地域2016年
7~9月度
販売台数
2015年
7~9月度
販売台数
販売台数
成長率
2016年
7~9月度
販売金額
2015年
7~9月度
販売金額
販売金額
成長率
西
ヨーロッパ
3300万3300万1%1兆
3000億
1兆
2000億
4%
中央・東
ヨーロッパ
2100万1900万10%4000億4000億17%

アメリカ
4600万4700万-1%1兆
8000億
18000億0%
中央・南
アメリカ
2600万2500万6%8000億6000億31%
中東
アフリカ
4200万4000万4%1兆1兆1%
中国1億
1300万
9800万15%3兆
2000億
2兆
8000億
12%
APAC
先進国
1800万1700万3%1兆
1000億
1兆12%
APAC
新興国
5400万5000万8%8000億8000億8%
全世界合計3億
5300万
3億
2900万
8%10兆
4000億
9兆
6000億
9%

※1米ドル=100円で計算した金額

マイナス成長なのは北アメリカ地域のみ。それ以外は全世界で市場拡大中です。特に中国の伸び率が高いですね。かなり普及してますし、そろそろ停滞しそうな印象を持っていたんですが、まだ成長の余地があるようです。スマホメーカーの世界シェアランキングでもトップ10のうち過半数が中国メーカーですし、市場シェアだけでなくスマホ端末の性能面でも世界を席巻しそうですね。

ただ最近の中国メーカーは中国国外への進出に積極的です。日本に製品を投入するメーカーもあります。今までは国内需要だけで世界上位になれていましたが、今後それだけでは維持向上できないってことでしょう。

また今後はインド市場が急成長のトップバッターになるようですし、スマホ市場の主役は確実に交代しそうです。

スマホ市場が急成長している国

【中央・東ヨーロッパ地域】

  • 12%増 ポーランド
  • 28%増 ウクライナ

【南アメリカ地域】

  • 60%増 アルゼンチン

【中国】

  • 15%増 中国

【アジア先進国地域】

  • 6%増 オーストラリア

【アジア新興国地域】

  • 27%増 フィリピン
  • 17%増 バングラディシュ

アジア先進国に含まれる日本もプラスに転じたようです。

まとめ:世界のスマホ販売台数 2016年7~9月度(第3四半期)

2016年第3四半期の世界市場におけるスマホ販売台数と売上金額を紹介しました。

中国は来年からマイナスに転じるとのアナリストの話もありますが、世界にはまだスマホが普及してない国がたくさんあります。それらへの進出も進んでいくでしょうしスマホ販売台数はさらに伸びていきそうですね。

格安SIMランキング
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.