スマホ関連機器の発熱・発火事故 過去5年で239件発生

スマホ関連機器の発熱・発火事故 過去5年で239件発生トップ画像

市販商品の事故調査をしている「NITE(製品評価技術基盤機構)」によると、スマホ関連機器の異常な発熱・発火事故は過去5年間で239件発生している、と発表されています。
(集計期間平成22年~26年)

日本全国で何億台とあるスマホ端末からすれば少ない数字ですが、あくまでメーカー側からNITEに報告があった件数なので実際はもっと多いかもしれませんね。

この239件の内訳は

  • 重傷 5件
  • 軽傷 60件
  • 拡大被害 101件
  • 製品破損など 73件

このなかで発火事故になったものは53件あり、事故原因は、

  1. 充電端子周りの劣化
  2. ドリンクや汗などによる浸水
  3. バッテリー損傷

の順で多かったそうです。

1位の充電端子周りの劣化はコネクター損傷によって樹脂が発火するもの。2位の浸水もコネクター内部に液体が付着してショート→発火する流れ。3位は犬が噛んだことでバッテリー変形→発火という事例があるみたいです。

ほかにもアダプターと電源コードの隙間に異物が入り込んでショート→発火、というものも。

原因をみると利用者の不注意や使い方に原因があるケースが多そうです。ただメーカー側が不良品を作ったため事故になったケースはそれほどないといっても、リコール製品ではあるみたいなので、自分の持ってる端末が該当してないか見ておくと良さそう。

NITEのリコール情報検索ページ
http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php

ためしに「iPhone」で検索した見た結果↓

スマホ関連機器の発熱・発火事故 過去5年で239件発生リコール製品iPohne検索

↓↓↓

スマホ関連機器の発熱・発火事故 過去5年で239件発生リコール製品検索結果

3件ヒット。iPhone本体には問題なさそう。周辺機器に何か問題があったみたいです。

「Xperia」「Galaxy」「AQUOS」などメジャーな端末も検索してみましたが、特に出てきませんでした。

格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

格安スマホ難しいって人はここから⇒格安SIM 満足度ランキング
格安スマホ一番人気⇒ワイモバイルがおすすめな4つの理由
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.