スマホ老眼は大丈夫?原因と対策

スマホ老眼の原因と対策

スマホが普及始めてから数年。今では一人一台レベルまで普及し無くてはならないものになりました。それにともなって若い人が老眼のようになる「スマホ老眼」を発症する人も出てきています。

老眼はアラフォーくらいから現れ始める目の老化現象で、以下のような症状があります。

  • 距離が離れているものを見た時にすぐピントが合わない
  • 目の前の小さな文字が読みにくい

眼の筋肉が衰えていない若い人にはあまり見られない症状なんですが、スマホで目を酷使しつづけることによってアラフォーのようになってしまうんですね。

スマホ老眼はどうしてなるの?その原因は?

スマホ老眼って名前そのままで、スマホ画面を見過ぎること、見続けることが原因。瞬きの回数が減ること、狭い範囲しか見ないため眼の筋肉を動かさないことが主な原因となります。また液晶画面から発せられるブルーライトなどによりさらに負担がかかります。

スマホ老眼の対策は?

動かさないことにより眼の筋肉が硬くなるのが問題なので、適度にほぐすことが大切です。眼球をぐるぐる回すなどの運動してあげましょう。また液晶画面の輝度をさげることも光の刺激が減らせるのでかなり有効。またブルーライトカットフィルムの貼り付けは手頃な対策の1つです。フィルムは端末買ったらほとんどの人が貼ってるんじゃないでしょうか。もしブルーライトカットがついてないようなら張り替えるといいですよ。

私もスマホやパソコン画面見ることが多いので、疲れ目対策用にピンホールメガネってグッズを買ってみました。メガネに小さな穴がたくさん開いてるサングラスみたいなメガネで、これかけて見ると視力悪い人でも細かな字が読めたり遠くが見えたりするはず。私の視力は0.5くらいなんですが、体感的に倍になってる感じします。目の癒やしにいいですよ。

スマホ老眼対策まとめ

スマホを使わないのが一番いいんですが、現代人にそれは無理。なので

  • まばたきする
  • 目のストレッチ運動をする
  • ディスプレイ輝度をさげる
  • ブルーライトカットフィルムやメガネを使う

などの対策をしておくと若くして老眼なんてことにならないはず。長い人生の最初に老眼になったら悲惨です。意識的にするようにしたいですね。

格安SIMランキング
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.