2017/3/20~26 スマホ売上ランキング 子供向けケータイが好調!

2017年3月20日から3月26日までの1週間のスマートフォン・ガラケー・ガラホ売上ランキングについて。

好調「iPhone7」はソフトバンクの128GBモデルが首位奪還。Xperiaシリーズも好調です。

「iPhone7」は新色レッドの需要がどれくらいあるのか?はまだ判断できませんが、話題にはなっているので翌週以降に栄養がありそうです。

ほか、新入学を迎える子供向けケータイが各社好調でした。

では今週のランキングをまとめていきます。

前週のランキング⇒2017/3/13~3/19のスマホ売上ランキング

2017年3月20日~3月26日 週間スマホ・携帯売上ランキング

1~10位

  1. iPhone 7 128GB(ソフトバンク)
  2. iPhone 7 128GB(au)
  3. iPhone 7 32GB(ソフトバンク)
  4. iPhone 7 32GB(au)
  5. iPhone 5s 32GB(ワイモバイル)
  6. iPhone 7 128GB(ドコモ)
  7. Xperia XZ SO-01J(ドコモ)
  8. P9 Lite(SIMフリー)
  9. S1(ワイモバイル)
  10. iPhone 7 32GB(ドコモ)

2月までは1位が定位置だったソフトバンク版「iPhone7 128GB」が再びトップに返り咲きました。3月はスマホ業界の販売がピークになるシーズンだけあって、auのキャンペーンに押された印象でしたが、今後はまたトップをキープしていきそうです。

「iPhone7」は3月25日に新色「レッド」が登場し、また盛り上がりそうですね。

関連記事:iPhone7レッドの口コミ評判

この週の集計で被った期間は2日間だけなので次週どうなるか。2016年は同じ時期に「iPhone SE」が発売されましたが、アップルも3月と9月の年2回で新しいものを投入していく流れになってます。今年の秋は「iPhone8」「iPhone7s」の話題が中心になりますが、2018年3月には何がくるのか?にも注目です。

日本では「iPhone」がスマホシェアを圧倒しているためドコモは影に隠れがちですが、「Xperia」シリーズでは一番です。海外のスマホ発表イベントで大賞を受賞した「Xperia XZ PREMIUM」はドコモだけの取扱いっていうニュースも見かけましたし、今年のXperiaにも注目です。

11~20位

  1. AQUOS U SHV37(au)
  2. iPhone 7 Plus 128GB(ソフトバンク)
  3. Xperia X Compact SO-02J(ドコモ)
  4. Xperia XZ 601SO(ソフトバンク)
  5. Xperia XZ SOV34(au)
  6. iPhone 7 Plus 128GB(au)
  7. P9 Lite PREMIUM(UQモバイル)
  8. ZenFone 3 Laser 32GB(SIMフリー)
  9. DIGNO E(ワイモバイル)
  10. DIGNO F 504KC(ソフトバンク)

auの「AQUOS U SHV37」が前週に引き続き11位をキープ。今までスマホ売上ランキングを毎週チェックしてきましが、AQUOSシリーズがこれだけ売れてるのをあまり見たことがありません。

春らしいパステルカラーが揃ってますし、デザインもクセのない仕上がり。防水防塵、おサイフケータイなど日本向けな機能もカバーしていて好調な売れ行きを見せています。auで機種変、乗り換えを考えているなら選択肢の1つに良さそうです。

18位にはASUSの人気シリーズ「ZenFone」のコスパが高いモデル「ZenFone3 Laser」がランクイン。前週21位から10位台に上がってきました。多くのMVNOが新生活需要を狙ったキャンペーンを展開していることもあり、売上が伸びているようです。翌週で3月も終わりますが、それ以降もキープできるか?にも注目です。

21~30位

  1. AQUOS EVER SH-02J(ドコモ)
  2. S2(ワイモバイル)
  3. らくらくスマートフォン4(ドコモ)
  4. ZenFone 3 32GB(SIMフリー)
  5. iPhone SE 32GB(ワイモバイル)
  6. GRATINA 4G(au)
  7. mamorino3(au)
  8. シンプルスマホ3 509SH(ソフトバンク)
  9. 507SH(ワイモバイル)
  10. iPhone 7 Plus 32GB(au)

22位と29位にワイモバイルのandroidOneOS搭載モデルがランクイン。ニューモデル「S2」は順位キープですが「S1」の好調さと比較するといまいちな売上です。「507SH」は初代搭載モデルだけあって今後価格改定でもなければ盛り返しは難しいでしょう。

そして同じくワイモバイルに新登場した「iPhone SE 32GB」が集計期間2日間ながら25位にランクイン。128GBモデルは84位でした。ちなみにライバル「UQモバイル」版は74位と大きく差を広げられています。実質108円で買える「iPhone 5s」にはさすがに敵いませんでしたが、次週以降さらに順位を挙げてきそうですね。格安スマホブランドで比較的最新モデルに近い「iPhone」が買えるのは大きな魅力です。

27位にはauの子供向けケータイ「mamorino3」がランクイン。

前週は38位でした。33位にドコモのキッズケータイ、36位にはソフトバンクのみまもりケータイ4がランクインするなど、この2モデルも順位が上がっています。小さなお子様向けケータイの好調さが目立ちますね。3月いっぱいは新1年生向けの駆け込み需要が望めるはず。次の週も順位をキープしそうです。

まとめ:2017/3/20~26 スマホ売上ランキング 子供向けケータイが好調!

2017年3月第4週のスマートフォン・ケータイ売上ランキングをまとめました。

キャリアの学割、MVNOの端末割引やキャッシュバックなど3月ならではの積極的なキャンペーンが目立ちます。一番売れるシーズンと言われていますし、特典が最も魅力的になる3月です。契約を考えている人は早めにしたほうがおとくと言えそうです。

おとくケータイ.net

iPhone・スマホ乗り換えなら高額キャッシュバック狙いがおとく!

iPhone8でもキャッシュバックあり!
iPhone8のキャッシュバック額は?

iPhone7を安く買うならここ
iPhone7のキャッシュバック額は?

その他スマホ
金額チェックはこちら

格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

安心して使いたい人なら
格安SIM 満足度ランキング

一番人気
ワイモバイルがおすすめな4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.