2017/8/14~20 スマホ売上ランキング らくらくスマートフォン4が好調!

2017年8月14日~8月20日まで一週間のスマートフォン・ケータイ売上ランキングをまとめました。

  • 1位が定位置のiPhone7 128GB
  • ドコモのらくらくスマートフォン4
  • ソフトバンクのキャンペーン対象端末

を中心にランキングを紹介していきます。

2017年8月14日~8月20日 週間スマホ・携帯売上ランキング

1~10位

  1. iPhone 7 128GB(au)
  2. iPhone 7 128GB(ソフトバンク)
  3. iPhone 7 32GB(ソフトバンク)
  4. iPhone 7 32GB(au)
  5. P10 lite(SIMフリー)
  6. iPhone 7 128GB(ドコモ)
  7. S2(ワイモバイル)
  8. Galaxy Feel SC-04J(ドコモ)
  9. arrows Be F-05J(ドコモ)
  10. iPhone SE 32GB(ワイモバイル)

前週は久しぶりにソフトバンク版iPhone7が首位に立ちましたが、わずか一週間で入れ替わり。春頃までソフトバンク版が常に1位だったものの、それ以降はau版が首位に立つことが多くなりました。総務省の横やり、孫社長の投資熱などで携帯事業への熱意が低くなってたり?ワイモバイルが好調といっても利益率は全然違うでしょうし、いち消費者としては、以前のように国の定めた規制の穴をくぐり抜けるようなキャンペーンで市場を賑わせて欲しいものです。

ここのところ5位が続いていますが、それでも絶好調なファーウェイ製SIMフリースマホ「P10 lite」。

先日ZenFone4シリーズが発表され、8月には海外で発売されるようですが(日本発売はまだ未発表)、日本に投入されるのは間違いないでしょう。とは言っても、「P9 lite」と「ZenFone3」でもランキングを見る限りかなり差があったため、今年は「P10 lite」が一番売れる端末になりそうです。

9位は前週に引き続き順位をキープした富士通スマホ「arrows Be」。ドコモの安く使えるプラン限定モデルです。

arrowsシリーズは富士通の代表的ブランドで、ながく日本で親しまれてきたスマホ。ですが、残念ながら事業を売却すると発表されました。9月にも入札が始まるそうです。ピーク時の販売台数は年間800万台ほどでしたが、今は300万台くらいまで落ちています。これでまた日本の携帯電話メーカーが減ってしまいますね。。。シャープも台湾企業傘下になってしまったので日本のメーカーと言っていいのかどうか。なんとも寂しく感じますが、残っているソニーモバイルや京セラ、フリーテルには頑張ってもらいたいものです。

11~20位

  1. Xperia XZs SOV35(au)
  2. iPhone 7 32GB(ドコモ)
  3. P9 lite(SIMフリー)
  4. AQUOS L2(UQモバイル)
  5. Xperia XZ Premium SO-04J(ドコモ)
  6. Xperia XZ 601SO(ソフトバンク)
  7. Xperia X Compact SO-02J(ドコモ)
  8. S1(ワイモバイル)
  9. らくらくスマートフォン4(ドコモ)
  10. Xperia XZs SO-03J(ドコモ)

14位にはUQモバイルの「AQUOS L2」がランクイン。

前週17位から3つ順位を上げてきました。初回のみの108円で買える安さがウリ。スペックはごくごく普通のスマートフォンですが、ほぼタダみたいな値段なので不満もないはず。格安スマホでもとことん安さに拘る人には最適です。UQモバイル限定モデル、というのも好きな人には好きな響きでしょう。

19位にはドコモのシニア向けスマホ「らくらくスマートフォン4」。

いつも20~40位台をうろうろしていますが、この週は19位までランクアップしてきました。

ドコモショップのツイートには、らくらくスマートフォン4講座、体験説明会の実施、使いこなしガイドプレゼントなど、妙にプッシュされています。シニア層はこの時期に乗り換えることが多いとか?帰省してきた孫とドコモショップ行ったついでに自分も、な流れはいまいち想像できませんが。。。

21~30位

  1. AQUOS R SHV39(au)
  2. DIGNO G 602KC(ソフトバンク)
  3. iPhone SE 32GB(UQモバイル)
  4. iPhone 7 Plus 128GB(au)
  5. かんたんケータイ KYF32(au)
  6. iPhone 7 Plus 128GB(ソフトバンク)
  7. Xperia XZs 602SO(ソフトバンク)
  8. GRATINA 4G(au)
  9. Galaxy S8 SCV36(au)
  10. Galaxy S8 SC-02J(ドコモ)

ソフトバンク「DIGNO G」が前週21位からほぼ順位キープの22位にランクイン。

8月いっぱいまでは「おとくケータイ.net」の特価キャンペーンも継続しているため、その影響は大きいでしょう。7月発売されたばかりのまだ新しい機種ですが、キャッシュバックも2.5万円でているようです。

27位のソフトバンク版「Xperia XZs」も同ショップのキャンペーン対象端末。乗り換え限定ですが、安さ重視の人には魅力でしょう。

ほか、2017年7月登場のau「Qua phone QX」は、トップ30にこそ姿はありませんが、この週31位にランクイン。地味に売れています。

旧モデルはそれほど評判も良くなかったのですが、一定のニーズはあるようです。

まとめ

2017年8月14日から一週間分のスマートフォン・ケータイ売上ランキングデータを紹介しました。

目立った機種はドコモのらくらくスマートフォンくらい。ほかは前週と大きく変わらないランキングとなりました。

ほか、arrowsシリーズが今後どうなっていくのか。トップ30にランクインすることは少なかったシリーズですが、日本メーカーの人気スマホが無くなるとしたら残念です。ぜひ別企業の元でも継続して発売していってくれるといいですね。

おとくケータイ.net

iPhone・スマホ乗り換えなら高額キャッシュバック狙いがおとく!

iPhoneX/8でもキャッシュバックあり!
iPhoneX/8のキャッシュバック額は?

iPhone7を安く買うならここ
iPhone7のキャッシュバック額は?

その他スマホ
金額チェックはこちら

格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

安心して使いたい人なら
格安SIM 満足度ランキング

一番人気
ワイモバイルがおすすめな4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加