世界のVRゴーグルメーカー別シェアランキング 2016年第3四半期

調査会社「IDCジャパン」が世界市場におけるAR/VRゴーグル、ヘッドセット出荷台数データを発表しました。

それによると2015年比で集荷台数が大幅増となっています。

VR元年とも言われている2016年。サムスンなどの大手スマホメーカーがスマホとセットで販売したり、2000円前後で買える低価格ダンボール製VRゴーグルも売上好調だったようです。また今年一番注目されていたプレイステーション4のヘッドマウントディスプレイもついに登場。2017年に向け確実にVR市場は拡大しています。

そこで「IDCジャパン」のデータをもとに、VRゴーグル(またはヘッドマウントディスプレイ)を製造販売しているメーカー別ランキングを作成してみました。

2016年第3四半期 世界のヘッドマウントディスプレイメーカー別シェア

  1. 36.7%/約112万台 Samsung(サムスン)
  2. 13.6%/約41万台 Alcatel(アルカテル)
  3. 12.9%/約39万台 Oculus(オキュラス)
  4. 6.8%/約20万台 HTC(エイチティーシー)
  5. 1.6%/約5万台 Baofeng(バオフォン)

    28.5%/約87万台 その他

トップはサムスン。人気スマホ「Galaxy」シリーズ用のVRヘッドセットが好調で、2位以下に大きく差を拡げています。

2位のアルカテルもスマホ装着型VRゴーグルでシェアを獲得するメーカー。日本では最近ここのSIMフリースマホが登場しだしました。

3位と4位はパソコン向けヘッドセットが好調でランクイン。そして5位バオフォンと続いています。

2016年第3四半期のおける全世界での出荷台数は306万台。台数的には少なく感じますし、まだまだな市場です。

ただ2015年同期比で681%増と大幅に増加しています。VR元年と言われるだけはありますね。VR市場は2015年初頭から始まっていたようですが、この1年間で急増した模様。

ほか、世界でも特に伸びているのはアメリカとヨーロッパ先進国。この2地域だけで全体の92%、282万台となっています。日本含むアジア地域も前年比倍増ではありますが、まだまだこれからといったところ。

まとめ:世界のVRゴーグルメーカー別シェアランキング 2016年第3四半期

IDCジャパン発表のVRメーカー別シェアデータについてまとめました。

ハードはある程度出揃い今後ソフト側も充実していくでしょうし、2017年はさらに爆発的な普及が期待できそうですね。

私も安いVRメガネを買って体験してみましたが、目の前に広がる仮想世界が新鮮でかなり楽しめました。安いVRメガネでも十分没入感を味わえるはず。ぜひ試してみて下さい。

関連記事:ダンボール製3Dメガネ「グーグルカードボード」を体験!

おとくケータイ.net
格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

格安スマホ難しいって人はここから⇒格安SIM 満足度ランキング
格安スマホ一番人気⇒ワイモバイルがおすすめな4つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.