Wiko「Tommy」の価格や買えるMVNOは?フランスで人気のSIMフリースマホが日本登場!

フランスのスマホメーカーWiki(ウイコウ)が低価格のSIMフリースマホ「Tommy(トミー)」で日本市場への参入を発表しました。

欧米コンプレックス持ちのいち日本人としては、おフランスのスマホってだけでステータスを感じてしまうチョロさなんですが、世界的にはけっこう知られているメーカーのようです。今回の日本を含めすでに世界34カ国で展開していて、2016年は1000万台以上を出荷した模様。また地元フランスでのシェアは2位のスマホメーカーです。

ここのところ中国メーカーが元気ですが、ヨーロッバ系ってだけで日本ではそこそこ売れてしまいそうな予感が。今回参入第一弾となる「Tommy」は1万円台の格安スマホなので一定数売れることは間違いないはず。

そこでWiko(ウイコウ)のSIMフリースマホ「Tommy」の端末価格やスペック、購入できるMVNO(格安SIM)を調べてみました。

Wiko「Tommy」の端末価格は?

公式発表の市場予想価格は14800円とのこと。発売日は2月25日(土)です。公式発表が予想価格になってるのは謎ですが、この価格なら2台めスマホとしてもお手頃ですね。

Wiko「Tommy」のスペック・仕様

本体カラーブリーン
フラッシュレッド
トゥルーブラック
サイズ71.5×145.9×8.9mm
重量約145g
OSAndroid6.0
CPUQualcomm Snapdragon210
1.3GHz(クアッドコア)
RAM2GB
ROM16GB
外部メモリmicroSD(最大64GB)
ディスプレー5.0インチHD
1280×720 IPS液晶
画面解像度720×1280ドット
対応バンドLTE 1/3/8/18/19
W-CDMA 1/19
GSM 850/900/1800/1900MHz
VoLTE対応
カメラ800万画素
サブカメラ500万画素
バッテリー容量2500mAh(交換不可)
Wi-Fi規格IEEE802.11 b/g/n
BluetoothVer.4.1
SIM形状microSIM×2
センター加速度センサー
光センサー
近接センサー
磁気センサー
ジャイロスコープ
デュアルマイク

将来的に他のカラー(クールグレイ、サンイエロー、ホットピンク)も発売する予定とのこと。

SIMカードストットは2つありますが、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応かどうかは記載されていません。

Wiko「Tommy」を購入できるMVNO(格安SIM)は?

公式にはまだ発表されておらず。かなり有力なMVNOが候補に上がっているようなので、大手MVNO「楽天モバイル」「IIJmio」「mineo」「OCNモバイルONE」「UQモバイル」のどれかは入っているでしょう。これら以外のMVNOは有力とまでは言えないでしょう。

まとめ:Wiko「Tommy」の価格や買えるMVNOは?フランスで人気のSIMフリースマホが日本登場!

フランス製SIMフリースマホ「Tommy」について紹介しました。

約15000円の本体価格、ビビットなカラー、フランスメーカー製と魅力的な要素はたくさんあります。家電量販店などで販売されている同価格帯のフリーテル「Priori4」もスマホ売り上げランキングで好調ですし、「Tommy」も取り扱うようです。あとは取り扱うMVNO次第。シェアトップの「楽天モバイル」やCMなど積極展開している「UQモバイル」あたりで取り扱われるとかなり売れそうですね。

おとくケータイ.net

iPhone・スマホ乗り換えなら高額キャッシュバック狙いがおとく!

金額チェックはこちら
おとくケータイ.net

iPhone7を安く買うならここ
iPhone7のキャッシュバック額は?

格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

安心して使いたい人なら
格安SIM 満足度ランキング

一番人気
ワイモバイルがおすすめな4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.