アマゾンの格安SIM売上ランキング 2016年上半期

アマゾンの格安SIM売上ランキング 2016年上半期トップ画像 2016年上半期のAmazon売上ランキングが発表されました。その中で格安SIMジャンルのランキングをピックアップして取り上げています。一番人気はどのMVNO?

アマゾンの格安SIM売上ランキング

※価格は2016年6月時点のもの
  1. mineo エントリーパッケージ 909円(事務手数料3240円が無料)
  2. OCN モバイル ONE 音声SIM(月1728円~) 324円
  3. NEC Aterm MR04LN 3B モバイルルーター (OCN モバイル ONE) 18900円
  4. NEC Aterm MR04LN 3B モバイルルーター (OCN モバイル ONE) 17388円
  5. OCN モバイル ONE データ通信専用マイクロSIM(月972円~) 430円(初月基本利用料が無料)
  6. IIJmio(みおふぉん)音声通話SIM 420円
  7. DMM mobile データ通信専用マイクロSIM(月440円~) 540円
  8. OCN モバイル ONE データ通信(SMS付き)マイクロSIM(月1101円~) 1009円
  9. DMM mobile データ通信専用nanoSIM(月440円~) 540円
  10. IIJmio(みおふぉん)音声通話SIMパック 648円(Amazon限定パッケージ)
3位4位はルーターセットなので除くとして、ランクインしたMVNOは「mineo(マイネオ)」「OCN モバイル ONE」「IIJmio(みおふぉん)」「DMM mobile」の4社。 Amazonで販売されているSIMカードは大手MVNOばかりですが、格安SIMシェア、満足度ランキングで上位に入っているブランドとなっています。 Amazonで買うと、いろんな特典付きのものがあっていいですね。というか、Amazonで買うなら特典付きじゃないと損になるのか。結局公式サイトでの申し込みは必要になるみたいですし、事務手数料や基本使用料はかかるわけですし。 というわけで初期事務手数料(3240円)が無料になるランキング1位の「mineo」はかなりお得ですね。公式サイトや店舗で契約するより3240-909=2311円割安になる計算。設定など自分で対応するのが面倒じゃなければおいしいです。   ⇒Amazon 格安SIM売上ランキング 2016上半期    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です