中国のスマホ・携帯電話契約数(~2016/9) お隣さんはスケールが違う

中国のスマホ・携帯電話契約数(~2016/9) お隣さんはスケールが違うトップ画像 中国の国の機関「工業和信息化部」が、2016年9月末までの国内携帯電話契約者数を発表しました。 現在、スマホメーカー世界シェアランキングでトップ10のほとんどが中国スマホメーカーとなっています。端末性能もサムスンやアップルと変わりませんし、日本では今のところファーウェイの「P9 lite」がSIMフリースマホ売上トップです。 ここ1,2年で中国スマホメーカーの躍進が目立ちますが、売上のほとんどが中国国内における販売だけで世界シェア上位にランクインしているのが現状です。 そこで、人口が日本の10倍以上のお隣さんのスマホ・携帯事情について、発表されたデータをまとめてみました。

2016年9月時点の中国国内の携帯電話契約者数

13億1620万人(人口における普及率は95.8%) 【内訳】
  • 3G回線契約者数 1億9951万件
  • 4G回線契約者数 6億8589万件(直近12ヶ月で1億900万件増)
  • その他 4億3080万件
携帯電話でのインターネット利用者数 10億6359万人   過去1年間の契約件数と増加数、3G/4G回線契約件数の推移は以下のとおりです。

2016年9月まで過去1年間の携帯・スマホ契約数

契約件数 増加数 3G/4G割合
2015/9 9億100万 69.4%
2015/10 9億500万 400万 69.5%
2015/11 9億500万 0万 69.4%
2015/12 9億2000万 1500万 70.1%
2016/1 9億3000万 1000万 73.0%
2016/2 9億5000万 2000万 74.0%
2016/3 9億5700万 700万 74.0%
2016/4 9億6600万 900万 74.7%
2016/5 9億7300万 700万 75.0%
2016/6 9億8200万 900万 75.5%
2016/7 9億9700万 1500万 76.4%
2016/8 10億400万 700万 76.7%
2016/9 10億1000万 600万 76.7%
この1年間で日本人口に匹敵するレベルで契約件数が増加してます。人口多いとスケールが違いますね。中国スマホメーカーが世界シェア上位独占するのも頷けます。 そしてスマホ・携帯でのインターネット利用件数も発表されてたのでまとめておきます。

2016年9月まで過去1年間の携帯・スマホからのインターネット利用件数

利用件数 増加数 契約数全体 の利用割合
2015/9 48億3000万 60.6%
2015/10 51億8000万 3億5000万 63.0%
2015/11 53億9000万 2億1000万 65.8%
2015/12 56億1000万 2億2000万 69.9%
2016/1 58億1000万 2億 71.4%
2016/2 59億1000万 1億 72.6%
2016/3 62億8000万 3億7000万 75.6%
2016/4 64億7000万 1億9000万 77.2%
2016/5 66億4000万 1億7000万 79.8%
2016/6 68億4000万 2億 82.3%
2016/7 69億8000万 1億4000万 84.0%
2016/8 70億4000万 6000万 85.7%
2016/9 72億 1億6000万 87.0%
スマホ・ケータイからのインターネット利用件数の割合が9割近くまで上がってきてます。 これだけ携帯使ってネットする人がいるなら、中国のネット通販サイト「アリババ」がイベントデーで1日の売上1兆円超えするのも頷けます。ただ配達事情はボロボロっぽいんですけどね。それが全てではないとしても、前にテレビで配達業者の荷物管理状況をやってたんですが、棚もない倉庫に荷物がゴミみたいに積み上げられ、それを投げて仕分けしてる様子が放映されてました。 もし中国に何か発送するときはクッション材をしっかり使わないと大変なことになりそうです。  

まとめ:中国のスマホ・携帯電話契約数(~2016/9) お隣さんはスケールが違いますね

中国機関が発表したスマホ・ケータイ契約件数についてまとめました。 中国で売れれば世界シェアでもトップクラスってのはどうなのよ?と思いますが、それだけの巨大市場がある国です。日本のスマホメーカーもぜひチャレンジして欲しいと思います。してるのかもしれませんが何も聞こえてきませんからね。。。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です