「Hawk」 Akyumen社のプロジェクター搭載スマホが登場!

「Hawk」 Akyumen社のプロジェクター搭載スマホが登場!トップ画像 上海にて開催された「Mobile World Congress 上海 2016」。このイベントでプロジェクター機能を搭載したスマホ「Hawk」が発表されました。過去にもプロジェクター搭載スマホはあったようですが、実用的ではなかったようです。そんな中、100インチの大画面を投影可能なまともに使えるプロジェクター搭載スマホが登場。製造元のAkyumen社によると、日本でも発売するようです。

「Hawk」 Akyumen社のプロジェクター搭載スマホのスペック

発売日: 2016年夏予定(日本発売も検討中) 価格: 750ドル(予定) OS: Android6.0 CPU: MEDIATEK Helio X10 2.2GHz 64bitオクタコア RAM: 3GB ROM: 128GB バッテリー容量: 2600mAh ディスプレイ: 5.5インチ カメラ: 1300万画素 サブカメラ: 500万画素 プロジェクター: 100インチ、35ルーメン 通信規格: 2G/3G/4G – GSM, LTE Wi-Fi、Wi-Fi Direct、Bluetooth、GPS   スペックは十分。そして動画をたっぷり保存しておけるよう、ストレージは大容量の128GBとなっています。ただ、プロジェクターで投影することを考えるとバッテリーがもっと大容量だと安心なんですけどね。 「Hawk」 Akyumen社のプロジェクター搭載スマホの本体画像 サイズ表記は公式サイトにも見当たりませんでしたが、プロジェクター投影部を含めても携帯性を損なうような厚さはなさそうです。 750ドル(予定)という価格は高めに感じるかもしれませんが、amazonで携帯タイプの小型プロジェクターを探してみると、スマホサイズのものが約3万円でありました。ただ一体型タイプのほうが当然携帯性は高くなりますし、ボタンをダブルタップするだけで起動できるお手軽さを考えると、こちらに軍配が上がるんじゃないかと。

「Hawk」 Akyumen社のプロジェクター搭載スマホが登場! まとめ

プロジェクター機能を使う機会は限られてそうですし一般的には必要とされていないかもしれませんが、こういうワクワクできる新端末を日本企業にも作ってもらいたいものです。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です