ファーウェイ(HUAWEI)の売上は?業績発表データまとめ

中国のスマホメーカー「HUAWEI(ファーウェイ)」が売上を発表しました。 ファーウェイは日本でもSIMフリースマホ「P9 lite」が2016年に大ヒットし、今でも売れ続けています。これにより大幅に認知度はアップ。ニューモデル「P10 lite」は、当ブログで毎週紹介しているスマートフォン・ケータイ売上ランキングでベスト5に常にランクインするほどの人気となっています。 また、楽天モバイル独占販売の「honor8」を提供したり、WiMAXやワイモバイルなどモバイルWi-Fiルーターも全社に提供するなど、日本市場にかなり力をいれています。   そこで、先日の業績発表や2016年のデータから、ファーウェイの売上を調べてみました。

ファーウェイ(HUAWEI)の売上はどれくらい?

2017年上半期、2016年年間データからファーウェイグループの売上などをまとめました。

2017年上半期の売上状況

2017年1~6月前年同期比
グループ売上2831億人民元 (約4兆6428億円)15%増
店舗数42300店
スマホ出荷台数7301万台20.6%増
スマホ売上1054億元 (約1兆7256億円)36.2%
※1人民元=16.4円で計算 半年で約5兆円の売上です。このままいけば年間10兆円に届きそうな勢い。2016年度が約9兆円のソフトバンクを追い越していきそうです。iPhone有するアップル、Galaxyのサムスンの売上高は20兆円以上なので、こちらの背中はまだ遠そうですが、2、3年後には肩を並べる売上になっているかもしれませんね。  

スマートフォン主要モデルの販売台数

端末販売台数
Mate 9/Mate 9 Pro850万台以上
P10/P10 Plus600万台以上
nova2/nova2 Plus100万台以上
Honor9100万台以上
これらの高単価スマホの売上がとくに好調で、
  • ヨーロッパ 18%増
  • 中国 24%増
  • 東南アジア 50%以上
  • 中東 50%以上
  • 日本 47%増
  • 韓国 47%増
とかなりの伸び率になっています。 日本での高価格帯モデルは取り扱うMVNOが少なめなこともあり、「P9/P10 lite」の格安モデルに比べて売れているとは言えませんが、他社のSIMフリースマホに比べれば十分人気です。  

2016年の年間売上状況

2017年1~6月前年同期比
グループ売上5216億人民元 (約8兆5542億円)32%増
純利益371億元 (6084億円)0.4%増
スマホ出荷台数1億3900万台20.6%増
スマホ売上1798億元 (約2兆9487億円)44%
※1人民元=16.4円で計算 スマホが約2割増と好調な売上に。日本でも2016年に大ヒットした「P9 lite」を始め、全体的に好調な売れ行きでした。  

まとめ

ファーウェイの売上状況をまとめました。 世界中のスマホ市場で大きなシェアを獲得していますし、日本でも絶好調。2016年のSIMフリースマホシェアトップはASUSでしたが、2017年度はファーウェイになりそうです。 業績発表の質疑応答の場で、日本独自モデルの投入するかも?と感じられる回答(防水や電子マネーなど)もあったので、これからのファーウェイへの期待がさらに高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です