iPhone8の売れ行き・売上が良くないってホント?

2017年も待望のiPhone新機種が発売されました。 発売日は9月22日の金曜日。 当日は全国各地のアップルストア前に大行列が! ・・・・ なんてことはなく、あまり並んでいなかったようです。 あんまり売れ行き良くない?   そこで、iPhone8の売れ行き状況を調べてみました。  

iPhone8/8Plusの売れ行きはどんな感じ?

発売前の行列状況

iPhone7のときにアップルストア銀座前に3桁人ならんでいた行列が、8では2桁だったみたいですね。ニュースサイトによると7が200人に対し、8は60人と報じられていました。 7の時は、iPhone6sでアップルストアに並べなかった反動を考慮する必要はあるんですが、それにしても減り幅大きすぎですね。  

売上ランキングの状況

スマホのセールス状況を毎週発表しているBCNランキング(全国の家電量販店POSデータを集計)によると、iPhone8が1位2位を独占、その他容量・キャリア版も上位ランクインと売れ行き絶好調に見えます。 1位 iPhone8 64GB(au) 2位 iPhone8 64GB(ソフトバンク) 3位以降は入れ替わり激しいんですが、発売以降この上位2モデルは安定しています。 一番売れてるのはau。新プランは最安2980円~使えるので、端末代を上乗せしてもかなり節約可能。かなり格安スマホの料金に近づいてますね。 このようにランキング上は売れ行き好調にみえるんですが、BCNの発表によると、売上3割減とのこと。実際の売れ行きはイマイチのようです。  

アップルオンラインストアの売れ行き状況

このサイトでも出荷日状況を集計してみました。 関連記事⇒iPhone8の色はどれが人気? 発売日になっても出荷予定日がなかなか延長されず。ほとんどの色・容量が1週間程度でゲットできてしまいます。 iPhone7のときは、発売されてすぐに2~3週間待ち、品薄だったジェットブラックは2~3ヶ月待ちになるほどの売れ行きでした。 これに比べるとあまり売れ行きは良くないと言えます。  

まとめ

iPhone8と8Plus、売れ行きはイマイチのようです。 売上ランキングは一見好調に見えますが、発売前の行列も減り、アップルストアオンラインストアの待ち状況も動きが鈍い。 なによりデータ集計会社の実データで3割減と発表されているのでかなり不調なのは間違いありません。 それもこれも、主役の「iPhoneX(テン)」が出なかったからですね。 Xの発売日は11月3日の金曜日。 この日には過去最高の行列ができる可能性も。製造状況が追いついてないというニュースも見かけますが、iPhone8が売れてない分、工場のラインをXに切り替えるなどしてくれれば改善されそうですね。 まあ8とは違う有機ELディスプレイの供給が追いつかないと意味ないんですが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です