iphoneが再起動できないバグが発見される

iphoneが再起動できないバグが発見される   いろんなところでニュースになってるので知ってる人も多いと思いますが、世界でシェアナンバーワンのスマホ「iPhone」シリーズにバグが見つかったらしい。 その方法は・・・ 時計を1970年にするだけ という非常にお手軽なもの。 ニュースサイトでもご丁寧にやり方まで解説してあったりして失笑モノです(汗)。なのでここでも書いておきます(笑) 設定を開く ↓ 一般を開く ↓ 日付と時刻を開く ↓ 自動設定を解除する ↓ 1970年を選択! あとは電源OFF!そしてON!これであなたのiphoneは永遠に白いアップルマークが壁紙となります。あ、でもかなり放置しておくと起動することもあるようです。ただ動作は激重らしい・・・。 iphone持ってる人で、他人から恨みつらみを買ってるなと自覚がある人は今すぐパスコード設定しておきましょう。私も早速済ませました。もしこの知識を持ってる悪意ある人の手に操作されてしまったら・・・。あなたのiphoneは二度も元に戻らないかもしれません。   ちなみにこのバグが楽しめるのはiPhone5以降だけらしいです。っていってもほとんど5以降ですよね~。なぜこんなしょうもないバグが(笑)次のiOSアップデートで修正されるでしょう。それまで絶対に!絶対にやらないように!絶対ですよ?嫌いな人のiphoneにもやっちゃいけませんよ?    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です