格安SIM満足度ランキング2017

今年も価格.comの格安SIM(MVNO)満足度ランキングが発表されました。2016年の満足度ランキングはこちらの記事でまとめています。 参考記事⇒格安SIM満足度ランキング2016 2016年の順位
  1. mineo(マイネオ)
  2. IIJmio
  3. OCNモバイルONE
今年はどこが1位になったのか?前年トップだった「mineo」は?2017年のトップ10ランキングと上位5社の特徴について紹介していきます。

2017年度 格安SIM(MVNO)満足度ランキング

総合 順位MVNO月額 料金通話 料金信頼性速度サポート
1位FREETEL (フリーテル)3位1位2位4位2位
2位イオン モバイル5位4位1位2位3位
3位DMM モバイル3位5位3位5位
4位IIJmio4位2位3位5位4位
5位mineo (マイネオ)1位4位1位
6位UQモバイル1位
7位楽天モバイル5位
8位BIC SIM
9位ワイモバイル3位
10位BIGLOBE
上位5社について解説していきます。  

1位 FREETEL(フリーテル) ドコモ回線のみ

⇒FREETEL公式サイト
総合ランキング1位はSIMフリースマホも販売している「FREETEL(フリーテル)」。個別項目でも上位にランクインするものが多い中、1分かけ放題399円、5分かけ放題840円が用意されていることもあり通話料金部門で1位を獲得しています。今後は10分かけ放題プランも準備中とのこと。従量制のデータ通信プランと組み合わせればかなり安く済ませられるMVNOです。 世界展開も進めていて日本のスマホメーカーでは今一番元気のあるメーカーが、MVNO満足度でもトップになりました。家電量販店でも専用コーナーがあったりと、知名度も高くなり格安スマホの普及に伴い着実に成長しているMVNOです。  

2位 イオンモバイル ドコモ回線のみ

⇒イオンモバイル公式サイト
総合2位はイオンモバイル。大手企業イオンが運営することでブランドの信頼性ではトップになっています。 選べる容量プランが細かく分けられていて、自分にピッタリのプランが選びやすいMVNO。セット端末の機種も色々なタイプが揃っているのでプランとともにスマホの選択肢も多いのが特徴です。  

3位 DMMモバイル ドコモ回線のみ

⇒DMMモバイル公式サイト
総合3位はDMMモバイル。4位にランクインしている業界大手「IIJmio」のサービスを利用しているMVNOなので安心して使えます。DMMモバイルもイオンモバイルと同じく細かく分けられたデータ容量プランから選べます。また、端末割引キャンペーンもけっこうやってるので欲しい機種が割引されていたらイチオシのMVNOです。  

4位 IIJmio(アイアイジェイミオ) ドコモ回線/au回線

⇒IIJmio公式サイト
前年2位だった「IIJmio」ですが、今年度は4位に後退となりました。とは言っても、総合3位の「DMMモバイル」や総合8位の「BIC SIM」はここのサービスを利用しているMVNO。さすがに各種項目で満遍なく上位にランクインしているだけあって信頼性の高い会社です。 ただ同じ通信環境ならもっと安く使えてプランも豊富な「DMMモバイル」を選んでしまう人も多いでしょう。  

5位 mineo(マイネオ) ドコモ回線/au回線

⇒mineo(マイネオ)公式サイト
前年トップだった「mineo」は今年度5位となりました。とは言っても十分高い順位。月額料金とサポートレベルで2冠を達成するなど依然満足度の高いMVNOです。 ここはau回線の格安SIMを初期から扱っていることもあり、au系MVNOの中で人気がトップクラスの会社です。同じau系を扱うUQモバイルが猛追していますが、mineo社員も見てコメントしているコミュニティサイト「マイネ王」や、余ったデータを分け合える「フリータンク」など他社とは違うサービスが魅力的。au回線の格安SIMを使いたいならここがイチオシですね。  

まとめ:格安SIM満足度ランキング2017

価格.com発表の格安SIM(MVNO)満足度ランキングを紹介しました。 2016年にかなり普及率がアップした格安スマホですが、まだまだ仕組みやどんなブランドがいいのかわからない人も多いでしょう。そんな人こそ満足度ランキング上位から選ぶと安心です。 ドコモ、au、ソフトバンクでの携帯料金より確実に安くできますので、格安スマホデビューに役立てていただければ幸いです。   格安SIM・スマホのことがさっぱりわからないって人はこちらの記事を。 関連記事:格安SIM乗り換え・契約前に知っておきたい20の知識  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です