格安SIMの割合比較

格安SIMの割合

  価格.comにてモバイル端末の利用状況データが発表されていたのでこのブログでも紹介しておきます。

去年辺りからググッと格安SIM利用者が増えてると思ったらそうでもなかったようで・・・。

これからまだまだ増加していきそうですね。

格安SIMの割合比較一覧表

独身者の利用割合

年代 格安SIM利用率 月額料金 キャリア月額 差額
10~20代 5.3% 1633円 8256円 6523円
30~40代 13.6% 1838円 8688円 6830円
50~60代 4.4% 1670円 8628円 6949円

ファミリーの利用割合

人数 格安SIM利用率 月額料金 キャリア月額 差額
2人家族 4.6% 1805円 8524円 6719円
3人以上 4.8% 1797円 8459円 6662円

 格安SIM利用者は全体の1割もいない感じ。

けっこう普及してなかったんですね~。

私も先日申し込んだばかりだったりするので、意外とそんな感じなのかもしれない。

まあ確かにややこしいイメージありますからね。

こういうのに積極的なアラサーくらいの男性に利用者多いのも納得です。

ただ最近は女性利用者の割合も増えてきてるそうですよ。

女性の場合は端末セットで買うパターンが多いそうですけど。

たしかにSIMフリースマホ選んでSIM選んで・・・なんて面倒ですもんね。

動作確認もしないとダメですし。

ということは?

男性諸君は「格安SIMにするとめっちゃ安くなるの知ってた?今度教えてあげるよ!」みたいな誘い方イケるんじゃ?

これは勉強せねば!

それにしてもキャリア通信料との差がすごいことになってます。

こんだけ安くなるのになぜ利用者激増しないのか不思議です。

年代別 格安SIMブランドの利用割合

年代 1位 2位 3位
10~20代 IIJmio 楽天モバイル イオンスマホ
30~40代 OCNモバイルONE 楽天モバイル(同率) mineo BICSIM(ビッグカメラ)
50~60代 DMMモバイル BIGLOBE イオンスマホ ニフモ(同率)

  めっちゃバラバラですね。

ニフモは初めて聞きました。

@niftyが提供してるとこらしい。

どういう経緯でシニア層に売り込んだんだろう?

ちなみに2016年の満足度ランキングではmineo、IIJmio、OCNモバイルONEの順でしたけど、ここで挙がってる楽天モバイル、イオンスマホ、BICSIM、DMMモバイルを加えた中から選ぶと良さそうです。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です