ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え時の手順や注意点まとめ

ソフトバンク→ワイモバイル乗り換え トップ画像

ここでは3大キャリアの1つ「ソフトバンク」から、ソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル」へ乗り換えるときの流れや気をつけたいポイントについてまとめました。

ソフトバンク→ワイモバイル乗り換えの流れ

MNPでの乗り換え手続き

ソフバンからワイモバ乗り換え 申込みページ

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるには、番号移行の手順を踏む必要があります。

番号移行を行うにはまず、MNP予約番号の取得が不可欠。

ソフトバンクの携帯電話、もしくは一般電話から、ワイモバイルオンラインストアで購入の意向を伝えます。

前者の場合はアスタリスク記号の後に5533、後者であれば0800、100の5533番で無料通話となります。

受付時間は9時から20時の間なので、時間内に手続きを始めることが注意点の一つです。

ただし午後になると混雑してくるので、なるべく午前中に申し込むことをオススメします。

次に乗り換えたい端末を選択したら、申込区分でMNP乗り換えを選びましょう。

最後の項目でソフトバンクを選べば、購入手順に進むことができます。

購入手続きを終えた後は、出荷完了メールを受け取って商品の到着を待てば完了です。

他社のキャリアから移行する時は、購入手続きの後に、本人確認書類を送付するプロセスがあります。

ヤフーケータイなら、トップ画面から設定や申し込み、各種設定の項目を選ぶ手順で手続き可能です。

こちらは21時30分までの対応ですから、余裕を持って申し込みが始められますし、他の方法が間に合わなかった時の保険にもなるでしょう。

店頭でも受け付けているので、営業時間内にスタッフに尋ねれば、案内や手続きのサポートが得られます。

ただ店舗の営業時間はお店によって異なりますから、そこが店頭で手続きをする際の注意しましょう。

オンラインでも乗り換え可能
ワイモバイルオンラインストア

乗り換え時の注意点

ソフバン→ワイモバ乗り換え時の注意点

審査もあります

乗り換えの際には、他社から受け入れるに値するかという審査が行われます。

具体的には料金の支払いに関するもので、未納分がないか否かがチェックされるわけです。

仮に端末が手元に届いていても、後で他社の料金未納が発覚すると、返却が求められたり商品代金の請求が行われます。

携帯電話が一時的に使えなくなったり、再申し込みが断られる恐れが強まるので、手続きを始める前に料金を納めることが一番の注意点です。

契約者名の確認

もう一つの注意点は、契約者の名義が一致しているか否かで、ワイモバイルになって名前が変わってしまうと受付が拒否されます。

名義変更の必要がある場合は、ソフトバンクと契約している間に、先に変更を済ませておくのが理想的です。

解約違約金が発生することも

また乗り換えの間に違約金が生じたり、契約解除料が発生する場合もあるので注意が必要です。

この問題が起こる原因は、これまでに加入しているキャリアとの契約内容にあります。

契約期間も違約金の発生などに関わりますから、注意点を踏まえて契約内容を確認したり、契約解除料を必要としないかチェックすることが肝心です。

データ移行

契約の変更自体に問題がなくても、端末を移行する際には別の注意点が発生します。

端末をそのまま流用するケースなら大丈夫ですが、端末も乗り換えるとなると別の手間や手順が必要となります。

データの移行はとくに手間ですが、データを移さなければ、再入力や再設定をする羽目になってしまうでしょう。

しかも旧端末に保存されているデータは消されてしまうので、まずは移行したいデータをバックアップしておき、次に新しい端末での復元手順が不可欠です。

バックアップを忘れずに

スマートフォンやフィーチャーフォンなど、端末によって詳細な手順は違いますが、いずれもバックアップや復元機能が用意されているので大丈夫です。

バックアップには必ずしもパソコンが必要、というわけではないので、そういったデータ移行の条件にも安心できます。

iPhoneの場合はiTunesを使用するか、クラウドサービスのiCloudで簡単にバックアップ可能です。

他のスマートフォンや4Gケータイに移行する時は、ソフトバンクのあんしんバックアップサービスが使えます。

専用アプリケーションを導入するだけで使えるので、パソコンや他の方法でデータを保存するよりも、シンプルにワイモバイルへの移行手続きが終わります。

逆にiPhoneに変える際も、同様の方法を行うだけで手続きや準備の完了です。

3Gケータイからワイモバイルへの移行は、電話帳バックアップ機能を使用するだけです。

他社の端末からの場合は、一度ソフトバンクショップに出向く必要はあるものの、スタッフが丁寧に対応してくれます。

これらのバックアップ方法は、通常の場面でも重要で役立ちますから、定期的にデータを別の場所にも保存しておくと、端末が故障した時などに便利です。

まとめ

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるときの手続方法や注意点を紹介しました。

手続きにおけるほとんどのプロセスは、電話と端末からの操作でほぼ完了します。

料金に未納分があったり、名義変更があると手続きは進まなくなりますが、それ以外であれば滞りなく進みます。

難しい手続きはそれほどないので、順番を確認して一つずつ進めて行けば問題ないでしょう。

ワイモバイルは、移行のハードルを下げるために努力していますから、ユーザーの負担は少なく誰にとっても簡単です。

わからない部分は店頭でサポートが受けられますし、手続きもその場で進められるので安心です。

おとくケータイ.net

おとくケータイ.net iPhoneキャッシュバック特典

iPhone・スマホ乗り換えなら高額キャッシュバック狙いがおとく!

iPhone Xs/Xs Maxを安く買うならここ
iPhoneXsのキャッシュバック額を調べてみた

iPhone8はこちら
iPhone8のキャッシュバックはいくらでてる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加