世界のスマホ販売台数 2016年4~6月期(GfK調べ)

世界のスマホ販売台数 2016年4~6月期(GfK調べ)トップ画像 市場リサーチ会社「GfK」が、世界各地のスマホ販売台数データを発表しました。北米、南米、アフリカ、ヨーロッパなど各地域ごとのスマホ販売台数は以下のようになっています。

2016年第2四半期(4~6月) 世界のスマホ販売台数

2016年 4~6月 2015年 4~6月 増減率 2016年の 販売台数 2015年 予想台数
西ヨーロッパ 3000万台 3000万台 -1% 1億3400万台 1億3500万台
中央 東ヨーロッパ 1700万台 1500万台 12% 7700万台 7200万台
北アメリカ 4200万台 4500万台 -6% 1億8900万台 1億9000万台
中央 南アメリカ 2300万台 2500万台 -8% 9400万台 1億700万台
中東 アフリカ 4100万台 3900万台 5% 1億7600万台 1億6200万台
中国 1億1000万台 8900万台 24% 4億3900万台 3億8500万台
APAC 先進国 1700万台 1700万台 -1% 7200万台 7300万台
APAC 新興国 5100万台 4900万台 4% 2億1300万台 2億200万台
合計 3億3000万台 3億900万台 7% 13億9400万台 13億2600万台
中国の伸び率が圧倒的ですね。世界市場におけるスマホメーカーの販売台数ランキングでも上位7社が中国メーカーなのも頷けます(関連記事:世界のスマホシェアランキング2016)。 ただ中国メーカーは中国国内での売上だけで上位ランクインしてる形です。現在世界第3位だったシャオミが急激に業績悪化するなど動きの激しい業界と言えますし、ある程度国民にスマホが普及した頃合い。そろそろ世界市場にでていかないと生き残れないかもしれませんね。 ほか、アフリカやインド、アジア新興国での販売台数は順調に増加しています。こういった国では低価格スマホが主流で、日本で圧倒的シェアを誇る「iPhone」が苦手にしている地域。そのため低価格なAndroidスマホを取り扱うメーカーが強くなっています。日本では格安SIMサービスやSIMフリー端末販売で元気な「FREETEL」が海外進出を進めていますし、いち日本人としてシェア獲得を大いに期待してたいところ。  

世界のスマホ販売台数 2016年4~6月期(GfK調べ) まとめ

世界各地域別のスマホ販売台数についてまとめました。 2016年後半は「新型iPhone」発売もありますが、メイン市場となる先進国での増加は微妙ですね。一番売れた「iPhone」は「6/6Plus」で、それ以降は下降線をたどっています。発売まで1ヶ月を切ってると思われる「iPhone7」がどれくらい売れるのか?にも注目です。   関連記事:iPhone7予約するならどこがいい?    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です