ソフトバンク2016夏モデル「XPERIA X Performance」「AQUOS Xx3」「DIGNO F」3機種を比較

ソフトバンク2016夏モデル「XPERIA X Performance」「AQUOS Xx3」「DIGNO F」3機種を比較 5月10日に発表された2016年度ソフトバンク夏モデル3機種「XPERIA X Performance」「AQUOS Xx3」「DIGNO F」の価格、スペック、特徴などについて比較してみました。

2016年 ソフトバンク夏モデル3機種を徹底比較

機種名 XPERIA X Performance AQUOS Xx3 DIGNO F
端末 XPERIA X Performance AQUOS Xx3 DIGNO F
価格 5/17発表 93120円 5/17発表
発売日 5/17予約開始 6月中旬 5/17予約開始 6月10日発売 5/17予約開始 6月下旬
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ シャープ 京セラ
カラー ライムゴールド ホワイト グラファイトブラック ローズゴールド アクアブルー ホワイト アンバーブラック ホワイト ブラック レッド
サイズ (mm) 幅71 高144 厚8.6 幅73 高149 厚7.6 幅72 高142 厚10.8
重さ 165g 約155g 約138g
ディスプレイ 約5.0インチ TFT 1677万色 フルHD 1920×1080ドット 約5.3インチ ハイスピードIGZO 最大1677万色 フルHD 1920×1080ドット 約5.0インチ TFT 1677万色 HD 1280×720ドット
OS Android 6.0 Android 6.0 Android 6.0
CPU 2.2GHz/1.6GHz クアッドコア 2.2GHz/1.6GHz クアッドコア 1.2GHz クアッドコア
RAM 3MB 3MB 2MB
ROM 32MB 32MB 8MB
外部メモリ microSDXC (最大200GB) microSDXC (最大200GB) microSDXC (最大200GB)
バッテリー 容量 2570mAh 3000mAh 2300mAh
充電時間 約195分 約145分 約140分
カメラ 約2300万画素 CMOS 約2260万画素 CMOS 約800万画素 CMOS
インカメラ 約1320万画素 CMOS 約500万画素 CMOS 約200万画素 CMOS
連続 通話時間 4G LTE 約1380分 3G 約1680分 GSM 約600分 4G LTE 約1690分 3G 約1790分 GSM 約800分 4G LTE 約880分 3G 約1190分 GSM 約570分
連続 待受時間 4G LTE 約530時間 4G 約520時間 3G 約590時間 GSM 約550時間 4G LTE 約545時間 4G 約540時間 3G 約620時間 GSM 約585時間 4G LTE 約650時間 4G 約600時間 3G 約860時間 GSM 約870時間
国内 対応周波数 4G LTE(FDD-LTE): 900MHz/1.7GHz/2.1GHz 4G(AXGP): 2.5GHz 3G(W-CDMA): 900MHz/2.1GHz 4G LTE(FDD-LTE): 900MHz/1.7GHz/2.1GHz 4G(AXGP): 2.5GHz 3G(W-CDMA): 900MHz/2.1GHz 4G LTE(FDD-LTE): 900MHz/1.7GHz/2.1GHz 4G(AXGP): 2.5GHz 3G(W-CDMA): 900MHz/2.1GHz
海外 対応周波数 4G LTE(FDD-LTE): 900MHz/1.7GHz/2.1GHz 3G(W-CDMA): 900MHz/2.1GHz GSM: 850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz 4G LTE(FDD-LTE): 900MHz/1.7GHz/2.1GHz 3G(W-CDMA): 900MHz/2.1GHz GSM: 850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz 4G LTE(FDD-LTE): 900MHz/1.7GHz/2.1GHz 3G(W-CDMA): 900MHz/2.1GHz GSM(GPRS): 900MHz/1800MHz/1900MHz
防水 IPX5/IPX8 IPX5/IPX8 IPX5/IPX7
防塵 IP6X IP5X IP5X
Bluetooth Ver.4.2/A2DP AVRCP HSP SCMS-T Ver.4.2/A2DP AVRCP HSP SCMS-T Ver.4.1/A2DP AVRCP HSP
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac IEEE 802.11 a/b/g/n/ac IEEE 802.11 b/g/n
テザリング ○ (台数記載なし) 最大10台 最大10台
Flash × ×  ×
赤外線通信 ×  ○
QRコード  ○
おサイフ ケータイ ×
フルセグ ○ 約4.8時間 ○ フルハイビジョン 約9.5時間  ×
ワンセグ ○ 約8.3時間 ○ 約15.5時間  ×
テレビ出力  ×
SIM形状 nanoSIM 不明 不明
価格は発表されしだい修正予定です。

2016年 ソフトバンク夏モデルの特徴

XPERIA X Performance

「XPERIA X Performance」はXPERIAシリーズ最上級モデルだけあって十分なスペック。カメラ性能が他2機種に比べてワンランク上ですね。バッテリー容量表記が海外モデルと違い話題になってましたが、実際は日本での数値が正しいようです。なぜ違う表記にしたかは謎。また、海外製は背面が完全にフラットだったのが、日本では基準クリアーのため補強してありフラットではなくなっています。

AQUOS Xx3

「AQUOS Xx3」は「XPERIA X Performance」と同じくらいのスペック。バッテリー容量3000mAhと他機種より多めなのがいいですね。側面の指紋センサー、手に持つと反応するグリップセンサーでロック解除の煩わしさから開放されるのも魅力的。シリーズに搭載されている「エモパー」もバージョンアップしアドバイスしてくれるようになっています。

DIGNO F

「DIGNO F」だけワンランクスペックが下ですが、ゲームなどヘビーな使い方しなければ十分でしょう。ただROM8メガはちょっと厳しい感じ。またおサイフケータイは非対応。あくまで初めてスマホに触れるエントリーユーザー向け端末なので初心者向け機能が充実してます。ガラケーチックな入力方法を採用していたり、わかりやすいシンプルなホーム画面が特徴です。  

ソフトバンク2016夏モデル「XPERIA X Performance」「AQUOS Xx3」「DIGNO F」3機種を比較 まとめ

それぞれ特徴のある夏モデル3機種を比較してみました。買い替え、乗り換えを検討している方は参考にしていただければ。   夏モデル購入はネットでも可能です ⇒ソフトバンクオンラインショップ   キャッシュバック狙いなら ⇒おとくケータイ.net  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です