auでんきの料金やメリットは?

最近電力会社以外が電気売るよー!ってパターンが増えてますね。

今日もauとソフトバンクのでんきCM見かけました。

というわけで今回はau電気ってどんなものなのか?について調べてみました。

今のとこauユーザーなので先に。

ソフトバンクは次に調べます!

auでんきについて調べてみた

auでんき公式⇒http://www.au.kddi.com/electricity/

auでんき公式

auでんきサービス開始はいつから?

2016年4月1日からとなっています。

電力自由化スタートの日ですね。

auでんきにすれば電気代やすくなる?

現行の規制料金を適用しつつ自由化するようなので極端に高くなることはないようですが、auでんきなど小売害者が電力会社から買って売るわけなので安くなるかは現状わかりません。

キャッシュバックサービスなどの付与率も含めてなら安くなる可能性が高いと思いますが・・・。

auでんきに切り替えるには?

webで申しこめばOK!その際検針票を準備しておきましょう。

ただしauスマホか携帯を使っている必要があります。

電気利用料はスマホアプリやパソコンなどから確認できます。

現在の契約が個人名義なら誰でも切り替えできますが、マンション単位で契約してるようなところだと個人ではできないみたいです。

auでんきセット割

切り替える一番のメリットがコレじゃないかと思います。

毎月電気使った分の5%がキャッシュバックされます。

ただ現金ではなくauウォレットプリペイドカードへ、なのでその点は注意が必要ですね。

さらにauウォレットクレジットカード払いにすると支払った分ポイントが貯まります。

ちなみに電気利用料によってキャッシュバック率が変わり、

  • 5000円未満なら1%
  • 5000~8000円未満なら3%
  • 8000円以上なら5%

となっていました。

我が家だと毎月10000円くらいなので結構おいしい。

さらに関西地区限定で5月31日までに申し込むと8000円以上のキャッシュバック率12%!ええですな~。

めっちゃおいしい。

ちなみに適用期間は1年間。逆にちょっとくらい使いすぎてもいいかってなりそう(汗)

キャッシュバックはauウォレットプリペイドカードがないともらえない点は注意が必要ですが、全国のコンビニやスーパーで使えますし、セブンイレブンならポイント2倍!

使い勝手もそこそこ良さそうです。

auでんきと電力会社の電気に違いはあるの?

結局大元は電力会社が発電した電気です。

それをauでんきが売ってるにすぎません。

供給方法も今までと一緒なので問題ありません。

仮にauが購入した電気が不足したら今までどおり電力会社から供給されるみたいです。

消費者に影響はありません。

まとめ

auでんきについて気になるポイントを調べてみました。

電気代が極端に安くなるわけではありませんが、auサービス利用者にとっては特典もあるのでお得感あり。

とくに電気の質が悪くなるといったデメリットもないので、auユーザーは検討の余地ありでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です