YAMADA SIM powered by U-mobile の料金プラン、キャンペーンは?

総務省の発表によると、MVNOは200社以上、MVNOからサービスを借り受けてMVNO事業をしている2次MVNOを含めると500社以上になっています。そして2016年には大手企業「LINE」も参入し、さらに競争が激化している格安SIM業界。 料金プランはどこも似たり寄ったりになり、楽天モバイルが始めた電話かけ放題オプションも今では数多くのMVNOが導入しています。 そんな中でauがドコモ回線の格安SIMサービスを提供している「BIGLOBE」を買収するなど業界再編の動きも活発化してきました。2017年はこういったニュースが増えるかもしれませんね。 その流れの1つとして、2017年1月に「YAMADA SIM」を提供しているヤマダ電機と、「U-mobile」を提供するU-NEXTが連携を発表。ともに業界大手の2社がタッグを組んだ新しい格安SIM「YAMADA SIM powered by U-mobile」サービスが登場しました。 そこで新登場の格安SIM「YAMADA SIM powered by U-mobile」の特徴や料金プラン、キャンペーンなどについてまとめました。

ヤマダ電機の「YAMADA SIM powered by U-mobile」はどんな格安SIM?

「YAMADA SIM powered by U-mobile」を契約できるのはヤマダ電機店頭となります。運営はヤマダ電機とU-NEXTが共同で設立するMVNO「Y.U-mobile株式会社」(仮)が行います。新サービス開始によって現行の「YAMADA SIM」は終了予定。

「YAMADA SIM powered by U-mobile」の料金プランは?

もともと「YAMADA SIM」と「U-mobile」は同じ料金プランで運営されていたので、そのまま新MVNOに受け継がれる格好です。その際、以下のようにバージョンアップされています。
プランデータ通信データ通信 +SMS付き音声通話
1GB790円940円なし (旧1580円 →3GBにアップ)
3GBなし (旧1480円 →5GBにアップ)なし (旧1630円 →5GBにアップ)1580円 (旧1980円 →5GBにアップ)
5GB1480円1630円1980円
LTE使い放題2480円2630円2980円
LTE使い放題 1年縛り2730円
ダブルフィックス 1GB以下利用時680円830円1480円
ダブルフィックス 1GB超利用時旧1680円 →900円旧1830円 →1050円旧2480円 →1780円
※税抜き価格、ユニバーサルサービス料除く ※ダブルフィックスプラン2段階定額で上限3GBまで ※LTE使い放題1年縛りプランは解約時3500円の違約金が必要 今回の料金改定でかなり値下がりしています。今までが少し高く感じる料金設定だったので、これで他社と同レベルになりました。選択肢の1つとして魅力がアップしています。
その他料金いろいろ
初期事務手数料3000円
通話料30秒/20円
半年以内の解約違約金6000円
SIMカード破損・紛失2000円
解約時SIMカード未返却2000円
契約開始月日割り計算
 

「YAMADA SIM powered by U-mobile」のキャンペーンは?

ヤマダ電機店頭ではわかりませんが、オンラインサイトではキャンペーンらしきものはやっていません。   ヤマダ電機のオンラインサイト「ヤマダウェブコム」でも申し込めます 公式サイト⇒YAMADA SIM powered by U-mobile  

まとめ:YAMADA SIM powered by U-mobile の料金プラン、キャンペーンは?

ヤマダ電機とU-NEXTが連携した新しい格安SIM「YAMADA SIM powered by U-mobile」について紹介しました。 こういった家電量販店が運営する格安SIMはそこのポイントサービスを絡められるのが大きなメリットですね。家電量販店の格安SIMではビックカメラ系の「BIC SIM」が評判高いんですが、今回の料金改定でどこまで迫れるか?に注目です。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です