みんなは携帯・スマホでどれくらい電話してる?通話利用状況まとめ

最近はSNSアプリの普及で電話利用者が徐々に減ってきているようです。 関連記事:電話はどれくらい使われている?回数と通話時間の推移データまとめ ただ格安SIMはかけ放題オプションを取り入れるMVNOが増え、通話プランでの契約者が増えているそうです。 そこで総務省が毎年発表しているに日本の電話利用状況データから平成27年度までの携帯・スマートフォンの通話利用状況についてまとめてみました。  

2015年から過去5年間の契約者数

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
携帯 1億 2820万件 1億 3604万件 1億 4401万件 1億 5270万件 1億 5648万件
PHS 456万件 509万件 555万件 516万件 400万件
IP電話 2848万件 3127万件 3378万件 3564万件 3846万件
加入電話 3132万件 2847万件 2609万件 2408万件 2170万件
※IP電話は光回線などインターネット回線を利用した電話のこと 家の電話は徐々にIP電話に移っていってます。スマホや携帯電話の契約件数はグングン伸びてますが、そろそろ上限も近い?かもしれません。   続いて、通話回数と通話時間の推移について。

2015年から過去5年間の1回線1日あたりの通話時間と通話回数

1日あたりの通話回数

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
携帯/PHS 1.3回 1.2回 1.0回 0.9回 0.9回
IP電話 1.2回 1.2回 1.2回 1.2回 1.1回
加入電話 1.6回 1.6回 1.6回 1.6回 1.5回
携帯電話だけ下がり方が少し大きくなってます。今やLINE利用者は9割以上らしいですし、直接電話で話す機会が減っていってるんでしょうね。

1回あたりの通話時間

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
携帯/PHS 2:21 2:21 2:19 2:25 2:35
IP電話 2:25 2:19 2:13 2:05 1:58
加入電話 2:10 2:07 2:05 2:03 1:59
携帯だけ徐々に通話時間が長くなっていってます。2015年に急上昇してますが、この年に何かあったのか?はわからず。。。MVNO利用者が増え始めて、各社が用意している独自通話アプリの利用者が増えたことが関係しているのかもしれません。 この数値はあくまで平均値ですが、皆さん長電話しないんですね。3分以下で要件だけ話して終わる感じでしょうか。2016年にMVNO各社がかけ放題プランをとりいれてきましたが、このデータを参考にするなら3分かけ放題プランで十分かもしれません。ただオーバーしたときのことを考えると5分かけ放題くらいが安心して通話できそうです。  

まとめ:携帯・スマホ所有者の通話利用は1日1回、2分半ほど

総務省発表データから携帯・スマホ利用者の電話利用状況について紹介しました。 SNSアプリの普及で通話利用率は減ってますが、通話時間は長くなる傾向にあるようです。 2016年はシェア1位のMVNO「楽天モバイル」が業界で初めてかけ放題サービスをとりいれてから、順次他社に広がっていきました。これによって通話が弱点だった格安SIM業界がガラッと変わり、半数以上が通話プランで契約してるという調査会社のデータもでています。格安SIM普及が進んだ理由の1つと言えそうですね。 今では楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」を始め、1分、3分、10分など業者によっていろいろなプランが用意され、以前より魅力的になっています。今回のデータくらいの通話時間ならかなりおとくに利用できます。 キャリアでスマホの通話プランを契約するだけで2~3000円ほどかかってしまいますが、格安スマホならその金額でデータ通信も可能です。総務省の後押しもまだまだ続いていますし、スマホ代節約を考えているなら格安スマホへの乗り換えを検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です