Huawei(ファーウェイ)の売上、シェア、利益、評判は?

中国のスマホメーカー Huawei(ファーウェイ) の売上や評判は?トップ画像

ライカとコラボしたデュアルカメラ搭載端末「Huawei P9」が話題になっている中国企業「Huawei(ファーウェイ)」。低価格なSIMフリースマホを中心に世界中で人気です。シェアも現在サムスン、アップルについで世界第3位と大躍進しています。

シェアの大半は中国だと思ってたんですが、今は35%ほどしかないらしい。それより広告塔にメッシを起用するなどが功を奏し、ドイツ、スペイン、イタリアを中心にヨーロッパでの人気が高まっているようです。

そんなイケイケ(古い?)スマホメーカー「Huawei(ファーウェイ)」について耳にする機会が増えてきたので、どんな会社なのか?売上や評判について調べてみました。

Huawei(ファーウェイ)の売上やシェア、利益は?

アメリカの調査会社IDCによる発表をみると、2015年における世界シェアは

  • サムスン 23%
  • アップル 16%
  • Huawei 7.4%

となっています。またHuaweiのスマホ出荷台数は1億600万台以上とのこと。

多少数値は違いますが、別のシェア調査データでも

  • サムスン 23.2%
  • アップル 14.8%
  • Huawei 8.3%
  • Oppo 4.6%
  • シャオミ 4.3%

とあったので大体8%前後くらいのシェアはありそうですね。ちなみにこちらのデータによるスマホ出荷台数は、

  • サムスン 3億2400万台
  • アップル 2億3100万台
  • Huawei 1億8000万台

とのこと。米IDCデータとかなり数値違うのは謎ですが、アップルは業績下降真っ最中ですし、インドでのビジネス展開も暗雲漂ってきてるので、秋発売予定の「iPhone7(仮)」の売上次第ではどうなるかわかりません。ちなみに2016年に入りサムスン、アップルともに売上が前年対比横ばいか下降しているのに対し、Huaweiだけは1000万台ほど増加しています。

また利益は2014比33%増の57億ドル(約6270億円)と絶好調。

2016年4月に発表されたフラッグシップモデル「Huawei P9/P9 Plus」は過去の低価格モデルから一転、性能もデザインも高品質&高級感ある仕上がりで、高級モデルが売れる先進国でも確実に受け入れられています。

これだけ元気なのは中国政府が音頭とってることも影響しています。その政府の期待に応える形で積極的な投資してることがそのまま業績につながっていると言えそうです。

Huawei(ファーウェイ)の評判は?

価格.comをチェックすると、

  • HUAWEI GR5
  • HUAWEI P8lite
  • honor6 Plus
  • HUAWEI Y6

といったSIMフリースマホが約2000機種中30位以内にランクイン。評価も星5個中4個以上を獲得しています。とくに高価格帯モデル「HUAWEI P8max」は人気では34位ですが評価4.72とかなりの高評価に。利用者の評判はいいと言えそうです。

注目の「Huawei P9」が発売されたらかなり上位にランクインしそうですね。

Huawei P9本体画像

Huawei(ファーウェイ)の売上、シェア、利益、評判 まとめ

日本ではライトな層にお世辞にも注目されているとは言えないブランド「Huawei」。ですが、イマイチ受け入れられていなかった韓国サムスンも「Galaxy S7 edge」で挽回できそうな雰囲気ですし、Huaweiも端末次第では日本市場を席巻するときがくるかもしれませんね。

格安SIMランキング
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.