ソフトバンクが決算発表 増収増益に

ソフトバンク2016年決算

5月11日、ソフトバンクグループの決算発表がありました。

業績はトップ画像のとおりです。()内は前年同月比

  • 売上高 9兆1535億4900万円(7.6%増)
  • 営業利益 9994億8800万円(8.8%増)
  • 純利益 5582億4100万円(26.9%減)

コスト削減、通信事業の順調に伸びなどが要因となり、ソフトバンクグループ全体で増収増益という結果に。純利益は減収でしたが、中国のアリババ上場の影響による一時的なものであることを強調しています。

日本国内の通信事業の業績は以下のとおり。

  • 売上高 3兆1446億5000万円(4.1%増)
  • 営業利益 6883億8900万円(7.5%増)
  • 端末販売台数 1066万2000台(102万4000台減)

「SoftBank 光」サービスの契約数増加、通信環境設備もある程度整い投資額が減少したことも大きく貢献した模様。常時4000億円程度の利益が出るようになった、とのこと。

Sprint事業の業績について。

  • 売上高 3兆8716億4700万円(1.9%増)
  • 利益 6148億5000万円(8.0%減)

米ドルベース

  • 売上高 321億8000万ドル(6.8%減)
  • 利益 5億600万ドル(21.3%減)

ヤフー事業の業績について。

  • 売上高 6520億3100万円(52.6%増)
  • 利益 2227億8700万円(15.1%増)
  • ヤフーショッピング事業の取扱高 1128億円(62%増)

ディスプレイ広告、アスクル買収による売上増などにより、創業以来19期連続で黒字となっています。特に米ヤフーとの違いを強調していました。

流通事業の業績について。

  • 売上高 1兆4204億1600万円(15.9%増)
  • 利益 62億3600万円減

投資事業の業績について。

アリババ

  • 取扱高 60兆円
  • 売上高 2兆円(33%増)
  • モバイル収入 9737億円(2.8倍に)
  • 純利益 8268億円(22%増)

snapdeal

  • 取扱高 90%増

coupang

  • リテール売上高 293%増

tokopedhia

  • 取扱高 254%増

OYO

  • 宿泊数 15倍

アリババの売上高がウォルマート超え。ほかどの事業も好調に推移しています。

配車事業の業績について。

OLA

  • 予約からの配車時間 55%改善

Grab

  • 四半期予約数 前年比5.3倍

滴滴

  • 乗車数 前年比20倍

ゲーム事業について。

GungHo

  • バスドラレーダー 2日で100万以上のダウンロード

SUPERCELL

  • 3つのゲームがトップ10入り

hikeMESSENGER

  • メッセージ数 前年比2.4倍

フィンテック事業について。

SoFi

  • 貸付実績 前年比3倍

発表イベントでは業績好調の影響もあってか終始孫社長が余裕を持って穏やかに話していました。今日ドコモの発表も観ましたが、孫さんスゴイ経営者なんだなと改めて思わされました。一応断っておきますが、ソフトバンク好きでもなければ孫社長信者ではありませんのであしからず。。。

格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

格安スマホ難しいって人はここから⇒格安SIM 満足度ランキング
格安スマホ一番人気⇒ワイモバイルがおすすめな4つの理由
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.