Amazon 格安SIM売上ランキング2016 トップはmineo!

Amazon 格安SIM売上ランキング2016 トップはmineo!トップ画像 Amazonが2015年11月~2016年11月までの1年間における年間売上げランキングを発表しました。その中にあった格安SIMジャンルの売上ランキングをまとめてみました。 ランキングページはこちら:Amazon格安SIMランキング ランキングでは端末セットも含まれているため、格安SIMだけで購入可能なものをピックアップしています。

格安SIM 2016年度Amazon年間売上ランキング

順位 格安SIM 価格 評価 5段階評価 レビュー数
mineo エントリーパッケージ 909円 4.3 923件
OCNモバイルONE 音声通話 microSIM 282円 4 602件
OCNモバイルONE データ通信 microSIM 312円 4.3 1573件
IIJmio 音声通話パック 420円 4.4 365件
DMMモバイル データ通信 microSIM 540円 4.3 479件
OCNモバイルONE データ通信 nanoSIM 580円 4.3 1573件
DMMモバイル データ通信 naonSIM 540円 4.3 479件
IIJmio 音声通話パック ハンドルキャンペーン 648円 4.3 212件
OCNモバイルONE SMS付き microSIM 950円 4.3 587件
10 DMMモバイル 音声通話SIM 540円 4.3 479
ここに挙がっているもの全部、初期費用3240円がAmazonでの購入価格だけですむおとくなエントリーパックとなっています。 データ通信、データ通信+SMS付き、音声通話と種類によって価格もまちまちですが、OCNモバイルONEのものはかなり安い価格設定。それだけにランキング上位に入っています。 ランクインしている格安SIM業者(MVNO)はいずれもシェアや満足度ランキングで上位に入っている大手企業ばかりなので、安心して使えるでしょう。 ただ、今一番契約者を獲得している「楽天モバイル」は当然ながらAmazonにはなし。楽天市場か公式サイトからしか申し込めません。また楽天市場のものはAmazonみたいに初期費用が安くなるエントリーパッケージはないので普通に初期費用が必要です。 関連記事:楽天モバイル詳細まとめ   この中でau系格安SIMを扱っているのは「mineo」と「IIJmio」の2社。VoLTEに対応していない古いauスマホで使いたいなら「mineo」一択です。 ドコモ系はすべてOK。SIMロック解除しなくてもそのまま利用可能です。 ソフトバンク、ワイモバイル回線を使ったものはここにはありません。  

まとめ:Amazon 格安SIM売上ランキング2016 トップはmineo!

Amazonが発表した2016年度格安SIMランキングについてまとめました。 格安SIMをさらに安く契約するのに最適なパックなので、公式サイトでキャンペーンなどやってないならこちらで購入して契約したほうがおとくです。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です