スマホの契約見直しで節約!チェックしたいポイントは?

スマホ契約見直しで節約 トップ画像 スマホの契約は販売店などでおすすめされたプランに加入したり、使いすぎて追加料金が必要となる事態を避けるために1ランク上のプランを選択するユーザーが多い傾向にあり、自身の利用目的よりもややオーバースペックなプランに加入しているケースも少なくありません。 さらにここ数年でMVNOの新規参入が相次ぎ多様なサービスの提供が始まったことから、スマホの契約見直しを行えば節約できる余地が以前にも増して大幅に広がっています。 そこでスマホの契約見直しで気をつけたいポイントをまとめました。

契約見直しでスマホ代節約!見るべきポイントは?

まず一般的な通信キャリアとの契約プランでは、大きく分けて音声通話とデータ通信の2つの要素があります。  

音声通話プランの見直しポイント

スマホの通話プラン見直し 音声通話ではNTTドコモを例にすると月額2700円のカケホーダイに加入すれば毎月基本料金が定額で24時間かけ放題となり、月額1200円のカケホーダイライトは5分以内の通話料が無料となるプランです。 また2017年には、カケホーダイは利用できず従量制の30秒20円のみとなるものの月額基本料金が980円となるシンプルプランが登場し、ユーザーにとってはもうひとつの新たな選択肢を与えられました。 カケホーダイプランに加入しているユーザーが毎月利用する音声通話を30秒20円で計算してカケホーダイの月額基本料金を下回るかを計算しましょう。 大きく下回るようであればカケホーダイの恩恵を受けていないことになり、シンプルプランに移行したほうがおとくになります。 逆に現在カケホーダイに未加入で通話料金が月額基本料金を大きく上回る計算結果になればカケホーダイに加入した方がお得になり、5分以内の通話を頻繁に行うユーザーであればカケホーダイライトの方がお得になります。  

データ通信プランの見直しポイント

スマホのデータ通信プラン見直し データ通信は、もしもデータ容量を使い切ってしまうと速度制限がかかり翌月にリセットされるまで待つか追加料金を支払って容量を購入することが余儀なくされるため、月末の肝心な時の速度制限を恐れてオーバースペックなプランを選択してしまいがちです。 その一方でメッセージアプリやSNSの利用は今や欠かせないものとなり、スピード感のあるコミュニケーションを必要としています。 また動画や音楽の配信サービスも、4k画質やハイレゾ音源などクオリティの向上とともに容量も増加の一途を辿っているのが現状です。 それらのサービスを速度制限が適用された中で我慢をして利用したり、翌月の容量がリセットされる期間まで待つわけにも行かず、常時快適なデータ通信が求められることから計算が難しい側面があります。 そのような背景から通信キャリア各社では数十GBクラスの大容量サービスの提供も開始され、時代のニーズに応えています。 もっとも確実なのは、さまざまなデータ通信をモニタリングするアプリを駆使して毎月使用するデータ容量を計算すること。もしくは直近3ヶ月間ほどのデータ通信量をマイページなどでチェックしましょう。 その結果から必要なデータ容量を満たしたプランに加入するのがいちばんです。 ただ計測アプリが常時同じ挙動を示すとは限らず最適値を求めるのが難しい点には注意してください。  

カウントフリーサービスを検討する

これまではオーバースペックとわかりつつも余裕を持った容量のプランに加入するか、必要に応じて容量を追加購入する煩雑な手間を覚悟するかのいずれかでしたが、ここに来てカウントフリーサービスが登場しユーザーの選択肢が広がっています。 カウントフリーとは、指定された特定のサービスを利用する際にはデータ容量の消費にカウントされないというプランで、有名なSNSや通信事業者が提携している動画配信サービスなどが対象となっています。

カウントフリーのあるMVNO

先駆けとなったMVNOには、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションやLINEモバイルのデータフリーがあります。
BIGLOBEのカウントフリー
BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションは音声通話SIMの場合は月額480円、データ通信SIMの場合は980円を追加するだけで動画や音楽の配信サイトを利用する際に高速データ容量を消費せずに使い放題となるサービスです。
LINEモバイルのカウントフリー
一方のLINEモバイルのデータフリーは、最安では月額500円からのLINEフリープランではLINEアプリによる通話とトークが、月額1110円のコミュニケーションフリープランではLINEに加えて各種SNSが、月額1810円からのMUSIC+プランでは同社の音楽配信サービスのLINE MUSICが、それぞれ使い放題となるサービスです。 速度も速く、ソフトバンク回線に対応したプランも追加されているので、どっちかといえばLINEモバイルのほうがオススメですね。 公式サイト LINEモバイル   このようにとことん突き詰めていけばさまざまな要素で節約できる余地があることがわかります。 まずは自身が音声通話とデータ通信をどれだけ利用するのかを把握し、各社のサービスと照らし合わせてどの事業者のどのプランに加入するのがいちばんお得になるのか緻密に計算する必要があります。 それらの作業は一見すると面倒に感じますが、一度自身の利用量の概算を理解できれば今後の判断材料の目安となるのでやっておきたいポイントです。 かつては大手通信キャリア2社と数十社のMVNO事業者に過ぎなかった通信業界も今や数百社に上り、その中から現状のスマホの契約よりも節約できるのに加えて自身の利用目的に合ったプランを見つけてお得に利用したいところですね。  

まとめ

スマホ代節約するために見直したい契約内容のポイントについてまとめました。 最近はかなり普及してきた格安スマホも賢く利用しつつ、上手に節約していきましょう。