アップルの利益、全スマホメーカー総利益の91%に(2016年第3四半期)

アップルの利益、全スマホメーカー総利益の91%に(2016年第3四半期)トップ画像

Strategy Analytics(ストラテジーアナリティクス)社の調査によると、2016年第3四半期、全世界におけるスマホ売上による利益のうち、アップル社が91%を占めていると報じました。

約9割?!と一瞬目を疑ったんですが、嘘ついても仕方ないですからね。調査結果をみると確かのようです。

調査結果は以下のとおりとなっています。

メーカー別、世界のスマホ売上利益率ランキング(2016年第3四半期)

スマホメーカー 利益 利益率シェア
Apple
アップル
85億ドル(8500億円) 91.0%
Huawei
ファーウェイ
2億ドル(200億円) 2.4%
Vivo
ヴィヴォ
2億ドル(200億円) 2.2%
OPPO
オッポ
2億ドル(200億円) 2.2%
その他 2億ドル(200億円) 2.2%
合計 94億ドル(9400億円) 100.0%

※1ドル=100円で計算

1年の4分の1で8500億円も利益あるってすごい。スマホ販売台数のシェアでは1位サムスンに次ぐ2位のアップルですが、利益率では2位以下を大きく引き離しています。というかサムスンどこいった?利益率で相手になるスマホメーカーいないですね。iPhoneの原価1万くらいって聞いたことありますけど、端末売上だけでここまで利益はでなさそう。報道内容では確認取れませんが、iOS関連からの儲けも含まれてるのかもしれませんね。

アップルさん、2016年に入ってから業績不振系ニュースばかりな印象だったのでかなり意外です。iPhone売上不振から生産数減らしたり、販売台数上げるため今まで年一回だった新端末発売を覆して春に「iPhone SE」発売したり。世界最大のスマホ市場、中国でも新興勢力に押されてシェア奪われまくってますし、今年ポジティブな話を聞いた覚えがないんですよね。。。

それでもスマホ売上による利益では圧倒的な強さ。高価格帯スマホの利益率の高さってすごいんですね。ここで低価格モデルなんて出したらブランドイメージ傷つくでしょうし、高級路線維持は必須。そして新興国で主流の低価格スマホに対抗するため、中古販売に力を入れるのは納得の流れですね。

アメリカでは公式ストアやサイトで中古iPhoneの販売が始まってますし、日本も時期に始まるはず。アップル公式が扱う中古端末なら保証もつくでしょうし安心です。個人的にも早くサービス開始して欲しいと思います。

まとめ:アップルの利益、全スマホメーカー総利益の91%に(2016年第3四半期)

調査会社発表のスマホ利益率について紹介しました。

アップル強い。2017年発売予定の「iPhone8」はかなり革新的な機能が盛り込まれそうですし、さらに利益を上げそうですね。

格安SIMランキング
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.