2018/6 スマホ売上ランキング P20 lite発売&初登場で4位にランクイン!

2018/6 スマホ売上ランキング 2018年6月の月間スマートフォン・ケータイ売上ランキングデータをまとめました。 この週は、
  • ドコモiPhone8が首位キープ!
  • 人気シリーズ最新モデルP20 lite登場!
  • SIMフリー勢が多数上位ランクイン!
などに注目しつつランキングを紹介していきます。

2018年6月1日~6月30日 月間スマホ・携帯売上ランキング

1~10位

  1. iPhone 8 64GB(ドコモ)
  2. iPhone 8 64GB(ソフトバンク)
  3. iPhone 8 64GB(au)
  4. P20 lite(SIMフリー)
  5. S4(ワイモバイル)
  6. Xperia XZ1 SOV36(au)
  7. AQUOS sense SH-01K(ドコモ)
  8. AQUOS R2(ソフトバンク)
  9. P10 lite(SIMフリー)
  10. ZenFone 4 Max(SIMフリー)

1位 ドコモ「iPhone8 64GB」

ドコモ iPhone8 前月に初の首位に経ち、6月もトップをキープ!5月から始まった従量制プラン「ベーシックパック」が絶好調です。 iPhoneといったらソフトバンクだったのも過去の話。安く使えるならドコモを選ぶ人が多いんでしょう。auやソフトバンクも何かしらキャンペーン展開しないと首位奪取は難しいかもしれませんね。 とはいえ、キャッシュバック狙いならソフトバンク乗り換えがまだまだおとくです。 ⇒ソフトバンクiPhone8へ乗り換えで高額キャッシュバック!おとくケータイ.net 次期iPhoneの噂話も少しづつ出てきていますが、毎年9月発売なので今年もそうなるはず。残り2ヶ月を切ってますし、発売されたらiPhone8が更に安くなるでしょう。性能的に極端に差が出ることはないと思われるため、契約更新月でもないなら少し待ってからのほうがいいかも?  

4位 SIMフリースマホ「P20 lite」

P20 liteの本体カラーとデザイン 見た目はまるでiPhoneX?の3万円台格安スマホ「P20 lite」が4位にランクイン!P10 liteがずっとトップ5位圏内をキープし続けた大ヒット端末でしたが、後継機のP20 liteも最初から絶好調! このモデルはSIMフリー機以外にも、ワイモバイル、au、UQモバイルからも発売されていますが、数多くのMVNOで扱われているSIMフリー版が一番売れています。 オクタコアCPU、4GBメモリ、64GBストレージ、デュアルカメラ、指紋・顔認証搭載などこれが3万円台?!と驚くほどのハイパフォーマンスに仕上がっているためコスパも最高。 これが売れなかったらスマホ業界ヤバイ!と言っても差し支えないレベルの端末です。 格安スマホデビューにはもちろん、一部キャリアでも扱っているのでアンドロイドスマホが好きな人にはオススメです。 関連記事 ⇒ファーウェイP20 lite SIMフリー版の特徴まとめ  

5位 ワイモバイル「S4」

ワイモバイル S4 前月6位からワンランクアップしたワイモバイルのアンドロイドoneOS搭載の「S4」。5月から頭金540円だけで買えるようになり一気にトップ10内に入ってきました。 人気モデル「P20 lite」もワイモバイルから発売されましたが、特別に性能を求めない人には安さこそ正義でしょう。スペックも必要十分ですし、日常使いで十分な人ならこのスマホが最適です。  

8位 ソフトバンク「AQUOS R2」

AQUOS R2 6月5日発売のソフトバンク「AQUOS R2」が8位にランクイン!好調シャープの新作スマホが堂々のトップ10入りです! 日本でスマホシェア2位だったXperiaシリーズの地位を奪ったAQUOSシリーズですが、それに見合うスペックもあり。 動画専用カメラを含むデュアルカメラ搭載、6インチの高精細ディスプレイ、3130mAhの大容量バッテリー、4GBRAM、防水、フルセグ、おサイフケータイなど人気の機能は万遍なく備わっています。 ソフトバンクと言うとiPhone人気が圧倒的ですが、アンドロイドスマホも十分魅力的です。 ソフトバンク乗り換えならキャッシュバック狙いがおとく! ⇒【高額キャッシュバックあり!】おとくケータイ.net  

9位 SIMフリースマホ「P10 lite」

P10 lite画像 前月4位→9位と後退したものの、トップ10圏内にとどまった「P10 lite」。 ニューモデルが登場し世代交代を果たしたものの、その役割は十分こなしてくれました。とはいえ、P9 liteのときも粘り強くランキング上位にはいっていたため、コスパの高いモデルとして今後も売り上げランキング上位にとどまるでしょう。 一世代古くなり今後セール販売されることも増えていくと思いますし、手頃なスマホを安く買いたい人はこれからが買い時と言えるでしょう。  

10位 SIMフリースマホ「ZenFone4 Max」

ZenFone4Maxの本体カラー3色 ASUSのSIMフリースマホ人気シリーズ「ZenFone」の最新機種が10位にランクイン!久しぶりにASUSスマホがトップ10に帰ってきました! 2016年後半からファーウェイのPxx liteシリーズにすっかり地位を奪われてしまいましたが、再び上回れるか?今後の頑張りに期待しましょう。 (ちょっと難しいと思いますが。。。) スペックや価格、扱うMVNO情報などはこちらで。 ⇒ZenFone4 Maxのスペック・価格は?  

11~20位

  1. Xperia XZ2 SOV37(au)
  2. nova lite 2(SIMフリー)
  3. iPhone SE 32GB(ワイモバイル)
  4. arrows Be F-04K(ドコモ)
  5. iPhone X 64GB(ソフトバンク)
  6. P20 lite(ワイモバイル)
  7. iPhone X 256GB(ソフトバンク)
  8. AQUOS sense SHV40(au)
  9. AQUOS sense(UQモバイル)
  10. iPhone X 64GB(au)

12位 SIMフリースマホ「nova lite2」

nova lite2 絶好調ファーウェイの今年2月発売モデル「nova lite2」が12位まで急上昇! 格安SIMブランドでシェアトップの楽天モバイルでキャンペーン対象端末になっていること、6月末に一括0円キャンペーンをやっていたことなどが影響しているようです。 同じファーウェイからコスパ最高の「P20 lite」が登場したものの、まだ低価格で契約可能ですし、シックで上品なカラーが揃っているので来月も高い順位をキープするかもしれませんね。  

16位 ワイモバイル「P20 lite」

SIMフリー版が4位ですが、ワイモバイル版は16位とまずまずの好位置。 格安スマホブランドから選ぶなら、ワイモバイルが最適です。キャリアなので通信速度も快適で料金も安い文句なしのブランドがここ。 ちなみにau版は55位、UQモバイル版は78位となっています。 ミドルスペックモデルばかり扱っているワイモバイルの中ではハイスペックな端末です。iPhoneSEのほうがランキング的には上ですが、iPhone派出ないならP20 liteをおすすめします。  

21~30位

  1. iPhone SE 32GB(UQモバイル)
  2. Xperia XZ2 SO-03K(ドコモ)
  3. Xperia XZ1 SO-01K(ドコモ)
  4. iPhone 8 Plus 64GB(au)
  5. iPhone 6s 32GB(ワイモバイル)
  6. らくらくスマートフォン me(ドコモ)
  7. iPhone 8 Plus 64GB(ソフトバンク)
  8. iPhone 8 256GB(ソフトバンク)
  9. iPhone 8 256GB(au)
  10. Xperia XZ2 702SO(ソフトバンク)
21位台はとくに注目端末はありませんが、上位に新機種やSIMフリースマホ勢が多数ランクインした影響で、iPhone勢がこの位置まで下がってきました。  

31位以下の6月発売モデル

  • 39位 ZenFone5z(SIMフリー)
  • 45位 P20(SIMフリー)
  • 46位 AQUOS R2(au)
  • 53位 AQUOS R2(ドコモ)
  • 55位 P20 lite(au)
  • 68位 Xperia XZ2 Compact(ドコモ)
  • 78位 P20 lite(UQモバイル)
  • 81位 X4(ワイモバイル)
  • 82位 Moto G6 Plus(SIMフリー)
  • 89位 LG Style(ドコモ)
  • 97位 AQUOS sense plus(SIMフリー)
6月後半に発売されたモデルも多いので翌月にはトップ30圏内に上昇する端末もあるでしょう。  

まとめ

2018年6月の月間スマホ売上げランキングを紹介しました。 各キャリアから夏モデルも登場しランキングを賑わせていますが、iPhoneの強さは変わらず。 そんな中SIMフリースマホが絶好調!またシャープ製スマホも好調で、トップ20に4機種ランクインしてきました。 過去日本市場でのスマホシェアはiPhone要するアップルが圧倒的1位で、2位は常にソニーXperiaシリーズだったんですが、すっかり地位を奪われています。 ソニーも2017年はXperiaに力を入れていくと発表していたはずなんですけどね。どうやら結果は出なかったようです。 挽回目指してソニーには頑張ってもらい、スマホ市場をもっと賑わせて欲しいですね。