スマホ用トイレットペーパー登場!ドコモが成田空港に設置

ドコモが成田空港に一風変わったトイレットペーパー「スマホ専用トイレットペーパー」を設置しました。 トイレットペーパーというと排泄した後の後始末用として使われることがほとんどだと思いますし、個人的にウ○コを拭くものとしてのイメージしかありませんでした。ただ今回登場したものはトイレでスマートフォンの画面をきれいにするために設置された専用のトイレットペーパーとなります。 トイレットペーパーの意味は「トイレット=化粧室、手洗い所、便所」で使われる「ペーパー=紙」なので、別にウ○コ拭く用とは限らないんですね。トイレにさえ置いてあればスマホ専用だろうとなんだろうとトイレットペーパーなわけで。とまぁ下の話はこれくらいにしておきます。 設置したドコモ曰く、スマホ画面は便座より汚いという実験結果を受けて、外国人観光客向けにおもてなしすることでWi-Fiサービス、旅行案内、翻訳サービスなどをアピールするためのものだそうです。専用トイレットペーパーに広告が印刷されていて、2016年12月16日~2017年3月15日まで設置されているみたいです。成田空港にしか設置されないのは残念ですが、興味ある方は成田空港へ言ってみて下さい。   けっこう注目度も高く、いろんなニュースサイトで取り上げられてますね。ヤフーニュースを始め、IT系サイトで報じられているのをよく見られます。 ただなぜかライブドアニュースとGIGAZINEは記事が消されているんですよね。何かあったのかと勘ぐってしまいます。   ちなみに、ユーチューブに「スマホ専用トイレットペーパー」解説動画がアップされていました。 動画⇒https://www.youtube.com/watch?v=HWje_E6xqEs 日本のトイレはスマートフォンをきれいにする場所でもあるらしい。長年日本人やってきましたけど、これが初耳です。たまに知人などから便器にスマホ落としちゃった系の話を耳にしますが、掃除でもしてたのかもしれませんね。 普通のトイレットペーパーの横に設置された「スマホ専用トイレットペーパー」。スマホサイズで小さめです。 赤い字でドコモWi-Fiなどが紹介されているペーパーを、お尻を拭くときと同じように適度なサイズにちぎって使います。 吹き終わったらトイレにそのまま流します。  

まとめ:スマホ用トイレットペーパー登場!ドコモが成田空港に設置

ドコモが始めた変わった宣伝、広告方法について紹介しました。 使える人、目にする人は少なそうですが面白い取り組みです。こういうちょっと変わったことを大手が始めると、勝手にメディアが取り上げてくれるのでコスト安くできそう。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です