AndroidOne「S2(エスツー)」 ワイモバイルの価格や端末スペック

2017年2月24日にワイモバイルから発売されたAndroidOneOS搭載モデル「S1(エスワン)」に続き、3月10日発売の「S2(エスツー)」。ワイモバイルはこれでAndroidOneOS搭載スマホが3種類目となり充実してきました。 BCNランキング発表の週間スマホ売上ランキングでは「S1」の売上も好調でしたし、「S2」も売れそうです。 そこで、ワイモバイルの新機種「S2」の特徴や端末価格、スペックについてまとめました。  

ワイモバイル AndroidOne「S2」の特徴は?

  • iPhoneのiOSのようにOS更新が約束されている (発売から18ヶ月に1回以上のアップデート保証)
  • セキュリティのアップデートは毎月実施
  • 高い防水・防塵性能により突然の雨や濡れた手で触れても安心
  • 必要最低限のアプリのみインストール
  • ガラケー時代は当たり前だった赤外線機能をスマホでも搭載
バッテリーは2300mAhと最近のスマートフォンでは少ない方かもしれませんが、通常利用なら3日間利用可能(京セラ調べ)。決してハイスペックではありませんが、日常使いでは不自由なく使えるでしょう。

ワイモバイル AndroidOne「S2」の端末価格

端末価格プランSプランM/L
一括価格46100円不明不明
分割価格1900×24回+ 頭金500円 (合計46100)500×24回 (合計12000円)0円
契約プランのコースによって実質0円もあるようです(ニュースサイトの情報なので詳細が公式から発表され次第確認予定)。総務省により実質0円ダメってことになったはずなんですが、これはいいのかな?謎ですね。ワイモバイルもドコモ、au、ソフトバンクと同じキャリアですし、過剰な端末購入サポートは2016年2月からできなくなったはず。買う側としては0円なら全然OKなんですけどね。 またワイモバイルオンラインストアなら一括購入で3万円となるようです。プランSで契約したら毎月1400円割引なので合計33600円安くなり、実質3600円得する計算ってことに?かなりおとく感あります。 公式サイト:ワイモバイルオンラインストア  

ワイモバイル AndroidOne「S2」のスペック・仕様

本体カラーレッド/ネイビー/ホワイト
最大通信速度 (下り/上り)112.5Mbps/37.5Mbps(VoLTE対応)
サイズ幅72×高さ143×厚さ10.6mm
重さ142g
OSAndroid7.0 Nougat
CPUSnapdragon 425 MSM8917 クアッドコア(1.4GHz×4)
RAM2GB
ROM16GB
バッテリー容量2300mAh
充電時間約160分(通常アダプタ利用時) 約150分(クイックチャージ利用時)
外部メモリmicroSDXCカード(最大256GB)
連続通話時間W-CDMA 約1320分 GSM 約630分 FDD-LTE 約1300分
連続待受時間W-CDMA 約750時間 GSM 約750時間 FDD-LTE 約660時間 AXGP 約620時間
ディスプレイ約5.0インチHD(1280×720ドット) TFT液晶(最大1677万色)
カメラ約1300万画素
サブカメラ約200万画素
対応バンドW-CDMA 1/8 FDD-LTE 1/3/8 AXGP 41
対応周波数W-CDMA 900/2100MHz FDD-LTE 900/1700/2100MHz GSM 900/1800/1900MHz AXGP 2500MHz
防水性能IPX7/IP5X
防塵性能IPX5
Bluetooth®Ver 4.2
Wi-Fi規格IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
テザリング10台まで
赤外線
その他歩数計
 

まとめ:AndroidOne「S2(エスツー)」 ワイモバイルの価格や端末スペック

ワイモバイルAndroidOneスマホの最新機種「S2」について紹介しました。 これでますますラインナップが充実し、格安スマホ市場で一人勝ち状態のワイモバイルがさらに勢いづきそうですね。通信回線の快適さ・料金・店舗の多さなど、普及が進んでいる格安スマホ競合他社と比較してもトップクラス。スマホデビューには最適なブランドです。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です