格安SIM 5GBプラン料金比較ランキング

格安SIM 5GBプラン料金比較ランキングトップ画像

調査会社「MMD研究所」調査結果によると、毎月の通信量が5GB程度の人が全体の9.5%という結果でした(格安SIM利用者のみ)。約10人に1人ですね。過半数が4GB以下なのでそこそこヘビーな使い方するユーザーと言えそうです。

それなりにニーズもあるため、格安SIM業者(MVNO)も5GBプランを用意しているところがほとんど。選択肢が多く自分に最適なプランを選びやすいので価格やデータ通信量以外のサービスも比較しつつ選びたいですね。

ここでは料金を元にランキングを作成。順位は「データ通信SIM」→「通話SIM」料金の順にしてあります。

【ドコモ回線】格安SIM 5GBプラン比較ランキング

順位
MVNO名データ通信SIM通話SIM備考
DMMmobile12101910
楽天モバイル14502150
U-mobile14801980
OCNモバイルONE15202150
FREETEL SIM15202220
BIC SIM15202220
IIJmio15602220
mineo15802280
Sonet 0 SIM16002300従量制のため5GB利用時の価格
10Nifmo16002300
イオンモバイル
BIGLOBE

DMMmobile」が1210円と価格面では頭一つ抜けてます。他は横一線といった感じ。通話SIMも「DMMmobile」「U-mobile」以外は横一線。それほど価格差がないため価格だけで選ぶメリットは少ないですね。この2つから選ぶならデータ使用量をコントロールできる切替アプリやバースト転送ありの「DMMmobile」がいいでしょう。一番混雑するお昼時の回線速度もDMMが上です。

通話SIMなら「5分かけ放題」サービスが選べる「楽天モバイル」「FREETEL」押し。別途料金かかりますが、通話利用が多い人には必須オプションでしょう。「FREETEL」には「1分かけ放題」サービスもあり。

満足度ランキングで選ぶなら「IIJmio」「mineo」。「BIC SIM」もIIJmioの回線なので同じです。

関連記事:格安SIM満足度ランキング

【au回線】格安SIM 5GBプラン比較ランキング

順位
MVNO名データ通信SIM通話SIM備考
mineo15802190
Fiimo16002300
UQmobile19802680データ無制限
常時500kbps

価格、サービスなど総合満足度で選ぶなら「mineo」。通信速度やつながりやすさなら「UQmobile」ですが、5GBプランはありません。で、5GB使うには無制限プランしかないんですが、このプランだと最大速度500kbpsでとても快適とは言えない数値です。動画視聴メインならNGですね。ネット閲覧程度ならバースト転送機能があるのでそこまでストレス感じないはず。大きなデータ通信をするかしないかで選びましょう。

「Fiimo」は他2社に比べコレといった選ぶメリットがはないのでスルーします。四国の会社が運営してるので四国民の方が地元を応援するならアリってくらいかじゃないかと。

【ワイモバイル回線】5GBプラン

該当プランなし。スマホ用プランとタブレット用プランに7GBコースがあるので、月5GB必須ならこちらを選ぶことになります。7GBの料金は こちらの記事 でご確認下さい。

格安SIM 5GBプラン料金比較ランキング まとめ

5GBプランを用意しているMVNOは比較的多め。料金のほか、サービスレベルや通信速度、違約金あるなしなどでも選べるので、自分の使い方にピッタリのMVNOを選びたいですね。

格安SIMランキング
おとくケータイ.net
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.