2017/4/17~23 スマホ売上ランキング Y!mobileとUQmobileの勢い衰えず

2017年4月17日から1週間分のスマートフォン・ケータイ売上ランキングデータについて。

トップは久しぶりにau版の「iPhone7」に。

そして2016年からずっと好調なワイモバイルがこの週も変わらず元気です。スマホ業界全体のシェアでは4%ほどとそれほど多くないものの、この先さらに拡大していくことは間違いないでしょう。

新モデル発売もなく目新しさはないものの、新生活シーズン終盤のキャンペーンによって上下に動きのあるランキングとなりました。

2017年4月17日~4月23日 週間スマホ・携帯売上ランキング

1~10位

  1. iPhone 7 128GB(au)
  2. iPhone 7 128GB(ソフトバンク)
  3. iPhone 7 32GB(ソフトバンク)
  4. iPhone 7 32GB(au)
  5. iPhone 5s 32GB(ワイモバイル)
  6. iPhone 7 128GB(ドコモ)
  7. P9 Lite(SIMフリー)
  8. S1(ワイモバイル)
  9. Xperia XZ SO-01J(ドコモ)
  10. iPhone SE 32GB(ワイモバイル)

数週間ぶりにauの「iPhone7 128GB」が首位に立ちました。ツイッターをみると、各地のauショップで実質無料、キャッシュバックなどのキャンペーンをやっているのを確認できます。

一例↓

特需が見込める新生活シーズンも終盤に入り、一層積極的に展開しているようです。特に週末キャンペーンが多いので、「iPhone7」を狙っている人は近場のauショップ情報をこまめにチェックしておきたいですね。

iPhone7高額キャッシュバック狙いならここ
おとくケータイ.netのキャッシュバック額は?

そして久しぶりにトップ3圏外に落ちたワイモバイル「iPhone5s」。とはいえ、トップ10にワイモバイル端末を3つランクインさせていて、ブランドとしての好調さはキープしたまま。いつか下降気味になることがあるのか見当もつきません。MVNO泣かせなワイモバイルの立ち位置に入ることができるブランドはUQモバイルくらい。今後もこの2社は好調をキープ思想ですね。

7位「P9 lite」は前週4位から大きくダウン。このまま下がっていくとは思えませんが、そろそろ発売されてから1年が経つので、代わりの端末が出てきても良さそうですね。それが「P10 lite」なのか他の機種なのかに注目です。

11~20位

  1. Xperia XZ SOV34(au)
  2. P9 Lite PREMIUM(UQモバイル)
  3. iPhone 7 32GB(ドコモ)
  4. iPhone 7 Plus 128GB(ソフトバンク)
  5. Xperia X Compact SO-02J(ドコモ)
  6. iPhone SE 32GB(UQモバイル)
  7. iPhone 7 Plus 128GB(au)
  8. DIGNO F 504KC(ソフトバンク)
  9. ZenFone 3 Laser 32GB(SIMフリー)
  10. S2(ワイモバイル)

11位→12位の「P9 lite PREMIUM」、17位→16位の「iPhone5s 32GB」とUQモバイルのスマホが2機種ランクイン。好調をキープしています。「iPhone5s 128GB」モデルもトップ30圏外ながら60位→50位とランクアップしています。

ワイモバイル「S2」が前週29位→20位にランクアップ。

発売されてからずっと20位台後半にいることが多かったスマホですが、ここにきて急上昇してきました。毎週トップ10内にいる「S1」に比べるとパッとしない売上ながらじわじわ売れています。

21~30位

  1. AQUOS EVER SH-02J(ドコモ)
  2. みまもりケータイ4(ソフトバンク)
  3. AQUOS U SHV37(au)
  4. らくらくスマートフォン4(ドコモ)
  5. Xperia XZ 601SO(ソフトバンク)
  6. かんたんケータイ KYF32(au)
  7. mamorino3(au)
  8. GRATINA 4G(au)
  9. ZenFone 3 32GB(SIMフリー)
  10. iPhone 7 Plus 128GB(ドコモ)

21~30位台はここのところずっと折りたたみケータイやキッズ向けケータイが数多くランクインしています。折りたたみケータイの需要は下がってきているものの安定して売れてますね。

ドコモの「AQUOS EVER」、auの「AQUOS U」が順調に下がってきてきます。iPhoneやXperiaのように順位キープはなかなか難しいようです。。。今年のシャープがフラッグシップモデルに力をいれ100万台売ると息巻いていますが、長く売れ続けるのか?は疑問です。買収されたとはいえ一応日本のブランド。頑張って欲しいものです。

28位「GRATINA 4G」はキャンペーンが終わり前週12位から大きくランクダウン。

29位の人気SIMフリースマホ「ZenFone3」は前週33位から少しだけ上昇してきました。

デュアルSIM対応スマホで一番人気のモデルで、安定して売れ続けています。取り扱うMVNOが多いのも特徴です。

関連記事⇒デュアルSIMスマホランキング

まとめ:2017/4/17~23 スマホ売上ランキング Y!mobileとUQmobileの勢い衰えず

2017年4月第4週のスマホ売上ランキングを紹介しました。

今のスマホ業界は大きく分けで3大キャリアのスマホと格安スマホの2つに分かれますが、格安スマホの中でもワイモバイルとUQモバイルだけは絶好調です。料金の安さと通信環境の快適さを両方満たすブランドで、他のMVNOでは簡単に太刀打ちできないでしょうね。

そんな中でMVNOシェアトップの楽天モバイルが差別化された特徴的な新サービス、何分でもかけ放題になるオプションをスタートしました。他社も後追いしてきそうですが、今のところ完全なかけ放題サービスは「楽天モバイル」だけ。この新サービスがどれくらい影響するのか?に注目です。

関連記事⇒完全かけ放題サービス「楽天でんわ かけ放題by 楽天モバイル」登場!

前週のランキング⇒2017/4/10~16のスマホ売上ランキング

おとくケータイ.net
格安SIMランキング

スマホ代節約!格安スマホに乗り換えるならココ!

格安スマホ難しいって人はここから⇒格安SIM 満足度ランキング
格安スマホ一番人気⇒ワイモバイルがおすすめな4つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.