ドコモのスマホが高い!通信料を安くする方法

ドコモスマホ代が高い場合の節約方法

ドコモスマホの毎月の通信料金は、一般的なデータ使用量でも7000円から10000円以上、年間で約10万円以上も払っている計算です。

これは基本料金(1700~2700円)に、2GBで3500円、5GBで5000円の高いデータ通信料が加わるため。

そこで高すぎるドコモスマホ料金を少しでも節約したい方向けに、確実に安くする方法について紹介!

ドコモスマホの通信量を安くする方法

  • 契約プランの見直し&不要オプションを外す
  • Wi-Fiの活用(光回線を契約している場合)
  • 格安SIMに乗り換えてしまう

王道はこの3つ。それぞれについて詳しく解説していきます。

契約プランの見直し&不要オプションを外す

もっともシンプルな方法が契約プランの見直しと、不要なオプションを外すこと。

ドコモでの契約時、使用するデータ量を把握できなかったため、実際に使用するデータ通信量とかけ離れたプランを契約しているケースが多いんですよね。

そこでまず月のデータ通信量を確認してみましょう。

Androidなら歯車アイコンの設定から、iPhoneはホーム画面の設定をタップして「モバイルデータ通信」を開き、「現在までの合計」から確認できます。

My docomoからもチェックでき、dアカウントでログインすれば「ご利用状況」から確認することが可能です。

通信量と契約しているプランのデータ量がかけ離れている場合には、適したプランへの変更、契約時に加入していた不要なオプションサービスも外しておきましょう。わずかな金額でも毎月の支払いが減るだけでも確実に節約できるのです。

Wi-Fiの活用(光回線を契約している場合)

自宅でフレッツ光などの光回線を使用している場合には、Wi-Fiを活用すると料金を安くできます。

Wi-Fiでネットを利用すればドコモの通信料にカウントされなくなります。動画の視聴や大容量のデータを落とすなど、通信量が多くなるときには、Wi-Fiルーターを活用することで通信量を抑え、料金を安くすることができるんです。

最初に設定するのが少々面倒ですが1度設定しておけば、次からはWi-Fiをオンにすれば自動的に接続されます。

Wi-Fiの設定方法

無線ルーターの裏側か底に、無線ルーターの「SSID」と「暗号化キー(KEY WEPキー)」が記載されたラベルが貼られているので確認しましょう。「SSID」はWi-Fiの名前に「暗号化キー」が接続するときのパスワードになります。

Android、iPhoneのそれぞれの設定から、Wi-FiをオンにしてWi-Fi名を選択してパスワードを入力、スマホの画面の上にWi-Fiマークが表示されれば接続成功です。

格安SIMに乗り換えてしまう

スマホ料金を大幅に節約したい方におすすめなのが格安SIMの導入です。ドコモを解約したくない人には向いていませんが、カケホーダイなどを使用しないならもっとも安くなる方法ですね。

SIMカードは電話やネットに接続するため必要なカード、通信料金はSIMの使用料金ということ、つまりSIMカードの使用料金がドコモよりも安い会社に変更すれば、毎月のスマホ料金も下がる仕組みです。

格安SIMは大手携帯キャリアのネットや通話の回線を借りて提供される通信サービス、設備投資費が抑えられるため料金も安くなります。

ブランドによって異なりますが、格安SIMの料金は3GBでも月額1000~2000円程度、毎月の料金が7000円かかっているなら4000円以上もお得に。安いと通信の品質が心配になりますが、よほど知名度が低い格安SIMでない限り大手キャリアの回線を使用しているので、通信速度が著しく落ちることもないでしょう。

回線が混み合う時間(お昼・夕方~夜間)はスピードがやや落ちることもありますが、容量が多いデータを落とすことがなければとくに問題なく使えます。

格安SIMの導入方法は簡単、ドコモのスマホのSIMカードを格安SIMに差し替えるだけなので、使っている機種を変更する必要もありません。カードを入れ換えてもデータが消えることなく、電話帳などのデータもそのまま移行可能です。

格安SIMのデメリット

ドコモスマホより安くできる格安SIMですが、通信会社は別になるためドコモの契約を解除することになってしまいます。となるとそれまで使っていたメルアドも使えなくなるため、ショートメールやフリーメール、格安SIMが提供しているメールサービスを使うことになるのがちょっと面倒ですね。

ドコモ→格安SIM乗り換えの流れ

格安SIMの導入するには、まず「MNP予約番号」と「MNP番号の有効期限日」を確認します。MNP手数料と解約手数料が発生するケースがありますが、節約できる金額を総合的にみればお得でしょう。

最近では格安SIMに参入するブランドが増え、初月の月額基本料金無料やポイントがたまるなど、独自のサービスを提供しています。料金プランや提供しているサービスから選ぶのがいいですね。

格安SIMを申し込み契約すると、数日後にSIMカードが届くのでカードを差し替えて設定をすれば導入完了、30分~1時間程度で終了します。

しかしSIMカードが届くまでの数日間は電話やメールの送受信ができないため、仕事などで電話が必要な場合には注意が必要です。

格安SIMブランドによっては、ショップに出向けばその日のうちにSIMカードが受け取れて即日開通できるので、電話の使用頻度が高い方はその方法がおすすめ。

高いスマホの通信料を安くするには、解約や契約、それぞれの設定など少々面倒はありますが、毎月支払う通信料が確実に減るので断然お得&かなりの通信料を節約できるでしょう

まずはできる範囲から始めてみてください。

まとめ

ドコモスマホユーザーさん向けに節約する方法を紹介しました。

家計のうちかなりの割合を占めるスマホ代。そんな中でドコモでは新しいプラン「ベーシックパック」が導入され、プラン見直し必須の状況です。

関連記事
ドコモベーシックパック新登場!

大幅に安くできるチャンスなので必ず再確認しておきたいですね。

おとくケータイ.net

おとくケータイ.net iPhoneキャッシュバック特典

iPhone・スマホ乗り換えなら高額キャッシュバック狙いがおとく!

iPhone Xs/Xs Maxを安く買うならここ
iPhoneXsのキャッシュバック額を調べてみた

iPhone8はこちら
iPhone8のキャッシュバックはいくらでてる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加